So-net、「0 SIM」の一般提供を開始 500MBまで無料でデータ通信可能

0sim2

「0 SIM」を手に入れることができなかった方に朗報だ!

雑誌の付録として提供され話題になった「0 SIM」が一般向けにも提供されることが判明した!

データ通信量500MBまで無料で利用可能

「0 SIM」とは、So-netが提供するLTE対応MVNO型格安SIMの一つだ。先日発売された「デジモノステーション2月号」に付録として提供され、あまりの人気で即完売となっていたのだが、今回から一般向けに提供を開始する形となる。

「0 SIM」の特徴は、何と言っても毎月500MBまで無料でLTEデータ通信を行うことができ、SMSや音声通話機能をつけなければ毎月0円でSIMの維持ができるという点だ。

また、500MB以上通信した場合には、その月の通信量に応じて料金が上がる仕組みになっていて、2GBまでは100MBごとに+100円、2~5GBまでは1,600円の定額で利用することができる。上限額が比較的安い金額に抑えられるため、データ通信を利用しすぎて高額な請求が来ることが防げる夢のようなサービスになっている。

0sim1

ちなみに通信量が400MBを超過するとSo-netから通知メールが送られるようなので安心だ。

通信量と料金については以下のとおり。

データ通信量 料金
〜499MB 無料
〜2GB 〜1,600円
2GB〜5GB 1,600円

その月の通信量が5GBを超えた場合、速度制限(200kbps)が課せられるようだが、追加でデータチャージをすることで高速通信を利用することができるとのこと。チャージ額は100MB/500円、500MB/2,100円、1GB/3,800円。

チャージ(100MB) 500円/100MB
チャージ(500MB) 2,100円/500MB
チャージ(1GB) 3,800円/1GB

利用ネットワークはNTTドコモ

「0 SIM」はデータ通信のみのプランの他に、SMSが利用できるプランと音声通話付きプランも用意されている。

0sim3

SMSが利用できるプランは150円、音声通話付きプランは700円追加で利用ができる。あまりデータ通信をしないユーザーやWi-Fi運用をメインにしているタブレットやサブ機におすすめのプランだ。

「0 SIM」の利用ネットワークはNTTドコモとなっており、NTTドコモユーザーはSIMカードを挿入するだけで利用することができるはずだが、その他のキャリアを利用している人はSIMロックを解除できる端末でのみ利用が可能だ。

iPhoneで言えば、「iPhone 6s / 6s Plus」からSIMロックが解除できるようになっているため、残念ながらそれ以前のiPhoneを利用している他キャリアの人は利用できない(裏技を除く)。Apple公式サイトでSIMフリーiPhoneを購入できるため、これを購入するというのもありかもしれない。

3ヶ月連続未使用で強制自動解約

「0 SIM」の利用を検討している人は必ず注意して欲しいのだが、このSIMは3ヶ月間全く利用がない場合は契約を強制解約されてしまうという点だ。

利用規約をよく見ると「サービスの契約日後、3ヶ月間連続してデータ通信のご利用がない場合、自動的に解約とさせていただきます(音声通話対応プランを除く)」と記載がある。この項目を見る限り、「0 SIM」を入れた端末を3ヶ月間ほったらかしにしていると、知らないうちに解約されている可能性がある。

もし「0 SIM」をほとんど使わない端末で利用することを考えている人は、たまに思い出して何かしらの通信をしておく必要があるようだ。

「0 SIM」は、2016年1月26日からすでに販売を開始しており、こちらから申し込みが可能だ。

0sim2
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう