6.1インチ液晶iPhoneは699ドルという安価な価格設定に 累計販売台数は1億台に到達か

Appleは2018年、3モデルのiPhoneを発売すると噂されている。

このうち、現行モデルの「iPhone X」と同じ5.8インチモデルと、その大型モデルとなる6.5インチの「iPhone X Plus (仮)」には有機ELディスプレイが搭載、もう1つのモデルは6.1インチで液晶ディスプレイを搭載すると言われている。

この6.1インチiPhoneに関しては、JDI(ジャパンディスプレイ)の新型液晶「フルアクティブ」が搭載カメラはシングルレンズになり、ディスプレイの押し込み操作「3D Touch」が利用できなくなるなど、いくつかの機能がドロップすることが伝えられているが、KGI証券のMing-Chi Kuo氏がその累計販売台数や価格について新たな予測を発表している。

6.1インチ液晶iPhoneの累計販売台数は1億台に到達すると予想

Kuo氏によると、Appleは6.1インチ液晶iPhoneを699ドルという安価な価格で販売するため、同モデルは2018年に発売するiPhoneの中でも最も人気のモデルに。その結果、累計販売台数は1億台に到達すると予想しているようだ。

1つのモデルを1億台販売すると聞くと、一般的にはとてつもなく多い数字のように感じるかもしれないが、実際にAppleはこの前のホリデーシーズンだけで7,730万台ものiPhoneを販売している。この数字には「iPhone X」と「iPhone 8 / 8 Plus」、旧モデルが含まれているわけだが、それでもこの1億台という数字は割と現実味のある数字であることがお分かりいただけるだろうか。

また、Kuo氏は以前から、6.1インチ液晶iPhoneの出荷台数が、2018年に発売するiPhoneの半数を占めると指摘していたため、今回の数字を当てはめるなら、Appleは2018年に発売する新型iPhoneを合計で2億台販売することになる。

この2億台に旧モデルの販売数が含まれると、Appleは2018年のうちに実に大量のiPhoneを出荷することが予想される。2018年のiPhoneの販売は引き続き好調になりそうだ。

[ via 9to5Mac ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。