12インチMacBookが年内復活か。A14プロセッサ搭載との情報 次期iMacも2021年登場の可能性

2019年に突如販売が終了した12インチMacBookが、今年復活を遂げるかもしれない。

現地時間8月31日、工商時報はAppleのサプライチェーンからの情報として、Appleが開発するMac用プロセッサ 「Apple Silicon」 、そしてそれらが搭載されるMacに関する情報を伝えている。

Appleシリコン搭載12インチMacBookが2020年内に登場?

macbook

工商時報によると、Appleは12インチMacBookを2020年内に投入する計画だ。

同モデルにはApple Siliconとして開発されたA14Xプロセッサが搭載される予定。A14XのコードネームはTongaで、TSMCが5nmプロセスを使用して生産したものであるという。

新型12インチMacBookにはUSB Type-Cコネクタが搭載され、ワットあたりのパフォーマンスが高いApple Siliconを搭載することでバッテリー消費が減少。バッテリー駆動時間は15〜20時間になるとしている。

さらにAppleは独自GPUも開発中だという。これもTSMCが5nmプロセスを使って生産したもので、この独自GPUは2021年後半に発売される次期iMacで搭載されると、工商時報は伝えている。

ちなみに工商時報は、iPhone 12にA14プロセッサが、次期iPad Proには前述の12インチMacBookに搭載されるA14Xプロセッサが搭載されることを伝えている。つまり次期iPad Proと12インチMacBookには同じプロセッサが搭載され、性能的にはかなり近くなる可能性がある。

[ via Macお宝鑑定団Blog(羅針盤)]

関連記事
Appleシリコン搭載MacはThunderboltをサポート。Appleの広報担当が公式見解
Apple Silicon搭載&デザイン変更を伴う新型MacBook Proは2021年発売。14・16インチの2ラインナップで登場か

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。