「MacBook Pro 2018」13インチモデルは全ポートが最大40Gbpsのフルスピード転送に対応

13インチ「MacBook Pro」Touch Bar搭載モデルは、2018年モデルの登場で全てのThuderbolt 3ポートが最大40Gbpsのフルスピード転送に対応したことが判明した。MacRumorsが伝えている。

13インチMacBook Proの2016年モデルと2017年モデルでは、搭載されている左右4つのポートのうち、右側の2つのポートはPCI Expressの帯域幅が制限されており、左側のポートに比べるとデータの送受信が遅いことが明らかになっていた。

しかし、今回発売された2018年モデルではこの制限がなくなっており、左右どちらのポートでも最大40Gbpsのフルスピード転送ができるようになっているという。

これにより、13インチのTouch Bar搭載モデルを使う際に左側のポートに優先して機器を繋ぐ必要がなくなり、より自由に全ポートを使うことができるようになったものと思われる。

ちなみに、15インチモデルや13インチモデルのTouch Bar非搭載モデルに搭載されているThunderbolt 3ポートは従来から全ポートがフルスピード転送に対応している。また、13インチモデルのTouch Bar非搭載モデルは搭載モデルと違って2つしかThunderbolt 3ポートが搭載されていない点には注意が必要だ。

▶︎ Apple公式サイトで各種「MacBook」製品をチェック
 ・MacBook Pro
 ・MacBook Air
▶︎ Apple公式サイトでMacアクセサリをチェック
 ・Magic Keyboard / Magic Trackpad 2 / Magic Mouse 2 / その他
▶︎ 「MacBook」をAppleの学生・教職員向けストアで購入
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。