M1Xチップ搭載MacBook Proが量産体制に?台湾DigiTimesが報じる

Appleは今年後半にM1Xチップを搭載し、高いパフォーマンスを発揮できる上位版MacBook Proを発売すると噂されているが、同モデルの量産が開始されたようだと台湾業界誌DigiTimesが報じている。

M1Xチップ搭載の14インチ・16インチMacBook Proが量産開始か

DigiTimesによると、 M1Xチップを搭載したMacBook Proは、今年8月から量産が開始されているとのこと。ミニLEDディスプレイを採用し、11月まで毎月60〜80万台を生産する計画だという。

今回の情報は、Appleの未発表製品に関して情報精度がそこまで高くないDigiTimesによるものである点に注意が必要だが、とはいえ米Bloombergの著名記者Mark Gurman氏は今年9月〜11月の発売を予想

さらにユーラシア経済委員会 (EEC:Eurasian Economic Commission) のデータベースに次期MacBook Proの情報が早くも登録されている現状を見ると、 M1Xチップを搭載したMacBook Proの登場はまもなくである可能性はとても高い。

改めて次期MacBook Proに関する情報を整理しておこう。次期MacBook Proは14インチ・16インチモデルの2つの機種が用意される予定。

ディスプレイにはミニLEDディスプレイや24インチiMacのようなフラットエッジデザインが採用され、プロセッサにはM1チップよりも高性能な次期Apple Silicon (=M1X) が搭載されることで、性能の向上や複数台の外部ディスプレイへの映像出力が可能になるとみられている。また、Touch Barの廃止やSDカードスロット・HDMIポートの復活なども噂されている。

(via MacRumors)

関連記事
MacBook Pro M1 レビュー | 私のMac、速すぎ…!熱くならないしサクサク動く不思議なMac。その実力を徹底検証
新型MacBook Proは9~11月に発売か。2021年Q3に量産開始、ミニLEDディスプレイ搭載

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。