16インチMacBook Pro、140Wフルパワー充電は現時点ではMagSafeのみで利用可能

現地時間10月18日の新製品発表イベントで発表された 「MacBook Pro (2021)」 の16インチモデルには、140W出力が可能なUSB-C電源アダプタが同梱されることが判明している。

同電源アダプタは100Wを超える大出力を備えており、わずか30分で50%までバッテリーを充電できるということで、多くのユーザーから注目が集まっているが、現時点でその恩恵を最大限に受けるにはMagSafe 3ポートを介して充電する必要があるようだ。米Apple系メディア9to5Macが詳細を伝えている。

MacBook Pro(2021)の140W充電は現時点ではMagSafe 3ポートのみで利用可能

9to5Macによると、16インチMacBook Pro (2021) に同梱されているUSB-C電源アダプタは 「USB PD 3.1 EPR (Extended Power Range)」 という新しい規格に対応した電源アダプタであるという。

「USB PD 3.1 EPR」 は最大240W(48V/5A)での充電をサポートする新しい規格で、16インチMacBook Proでは電圧が28Vに制限されているため、最大140Wでの充電が可能となっている。

「USB PD 3.1 EPR」 の恩恵を受けるには、対応する充電ケーブルを使用する必要がある。MacBook Pro (2021) に同梱される 「USB-C – MagSafe 3ケーブル」 は同規格に対応した充電ケーブルであり、MagSafe 3ポート経由では最大140Wでの充電が可能だ。

しかし、同規格はまだ新しい規格ということで対応するUSB-C – USB-Cケーブルが市場に存在しておらず、MacBook ProのThunderbolt 4 (USB-C)ポートを介する場合は最大出力で充電することはできない。つまり、現時点で16インチMacBook Pro (2021) を140W出力で充電したい場合は、必然的にMagSafe 3ポートを介した充電でなければならないということになる。

USB PD 3.1 EPRの普及に伴い、今後対応するUSB-C – USB-Cケーブルが登場してくる可能性は高いが、現時点では同梱される 「USB-C – MagSafe 3ケーブル」 でしか140W出力での充電を利用できない点には注意しておきたいところだ。

関連記事
【2021年最新比較】MacBook AirとMacBook Proの性能・違いを一挙比較。オススメはどのモデル?
「USB-C – MagSafe 3ケーブル」 「67W / 140W電源アダプタ」 Apple公式サイトで単体発売

▶︎ Apple公式サイトで各種「MacBook」製品をチェック
 ・MacBook Pro
 ・MacBook Air
▶︎ Apple公式サイトでMacアクセサリをチェック
 ・Magic Keyboard / Magic Trackpad 2 / Magic Mouse 2 / その他
▶︎ 「MacBook」をAppleの学生・教職員向けストアで購入

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。