オーストラリアの16歳少年、Appleのサーバーから90GBものデータを盗み出し逮捕

applestore

10代の少年がAppleのサーバーをハッキングし、大量のデータを盗み出して逮捕されたという衝撃のニュースが報じられた。

オーストラリアの高級紙The Ageによると、オーストラリアのメルボルンに住む16歳の少年がおよそ1年間にわたってAppleの大型サーバーに繰り返し不正にアクセスし、90GBもの秘密データや顧客情報を盗み出していたことが発覚した。

逮捕された少年はAppleに憧れており、犯行の動機について「Appleで働くことを夢見ていた」と弁護士に伝えているという。

10代少年がAppleのサーバーから大量のデータを盗み出し逮捕

逮捕された少年は複数のバックドア(一度侵入したのちに、再度侵入を試みるための仕掛け)を開発しており、盗み出したデータを「hacky hack hack」という名前のフォルダに保存していた。不正アクセスは、最終的にAppleが少年によるアクセスを検出し、それをブロックするまで続いたとのこと。

オーストラリア連邦警察が家宅捜索を行ったところ、2台のApple製デバイスが押収され、そのデバイスのシリアルナンバーがAppleのシステムにアクセスしたデバイスのシリアルナンバーと一致。また、携帯電話とハードドライブも押収されており、そのIPアドレスが侵入に使われたものと一致したことも確認されているという。

まだ10代の少年がAppleのサーバーからデータを盗み出すという前代未聞な今回の事件。Appleの秘密データを盗んだのはもちろん悪いことだが、最も問題なのは顧客情報に手を出してしまったということ。もしかすると、この少年は高い技術と素晴らしい才能を持っていた可能性があるが、Appleに憧れていたとはいえ、その才能をもっと良い方向に生かせなかったのだろうか。やや心がモヤモヤする事件になってしまった。

Apple公式サイトで各種Mac製品をチェック

▼ ラップトップMac
MacBook Air
MacBook Pro

▼ デスクトップMac
Mac mini
24インチiMac
Mac Studio
Mac Pro

▼ Macアクセサリ
Magic Keyboard
Magic Trackpad
Magic Mouse
その他

▶︎ 学生・教職員向けストア

[ via The Verge ]

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。