来年発売の新iPhone、全モデルで有機ELディスプレイを搭載?

Appleは今秋、有機ELディスプレイを搭載した新型iPhoneをふたつ、液晶ディスプレイを搭載した新型iPhoneをひとつ発表することが濃厚だ。

この3つのiPhoneのうち、ひとつを低価格モデルとして発売するため、コストの高い有機ELディスプレイの代わりに液晶ディスプレイを搭載すると報じられている。

しかし、その翌年に発売されるモデルについては、液晶ディスプレイが搭載されるモデルは存在せず、全機種が有機ELディスプレイを搭載する可能性がある。韓国のETNewsが報じた。

2019年発売のiPhoneは全モデルが有機ELディスプレイを搭載

同韓国メディアは、Appleの内部事情に詳しい人物からの報告として、Appleは早くも来年用のiPhoneの計画に着手しており、3機種すべてに有機ELディスプレイを搭載することを決定した、と伝えている。

前述したように、今年からAppleが3つのiPhoneを用意する理由は、そのうちの1台を低価格モデルとして発売するため。コストの高い部品を従来の安い部品で代替する可能性がある。

ただ、すべての画面が有機ELディスプレイになるとすれば、コスト増加は免れないはず。

韓国メディアはこのことに触れていないため詳細は不明だが、もしこの報道が本当だとすれば、Appleのディスプレイ調達コストは将来的に抑えることができるのかもしれない。

Appleは昨年から今年にかけて、LG Displayに対して大きな投資を行ってきた。その甲斐もあってか、Appleは今年発売する「iPhone X Plus(仮称)」にも有機ELディスプレイを搭載できる見通しとなっている。さらに、その後も着実に投資を重ねることで、来年には低コストで量産することが可能になっているのかも。

ちなみに、ET Newsは2019年発売のiPhoneに関して、有機ELディスプレイの他に液晶ディスプレイを搭載したモデルの登場もあり得ると報じている。つまり、合計4モデル体制ということになるが、モデル数を毎年増やしていく必要性が感じられないことから、筆者としてはその可能性はあまりに低いように感じている。

[ via MacRumors ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。