2019年発売の新型iPhoneは、「iPhone X」よりも切り欠き(ノッチ)が小さくなる模様

2019年に発売予定の新型「iPhone」は、初のベゼルレスモデルとして登場した「iPhone X」よりもさらに狭いベゼルになる可能性があるようだ。韓国メディアのETNewsが伝えている。

ETNewsのレポートによると、Appleが2019年に発売を計画している新型iPhoneは、本体デザインが現行モデルからわずかに変更があるとのこと。まず、現行の「iPhone X」の最大の特徴となっている端末上部の切り欠き(ノッチ)部分について。

2019年発売のiPhoneは端末上部の切り欠き(ノッチ)が小さくなる

この切り欠き部分は、TrueDepthカメラなど多数のコンポーネントを端末の前面に配置する必要があることから、ある意味仕方なく導入されているものになるのだが、今から約2年後にはこの各種センサーの小型化が実現し、切り欠きが小さくなる可能性が高い

iPhone Xでは顔認識用の赤外線ドットプロジェクターと前面カメラが別々に搭載されているが、2019年モデルはこれらを一つにまとめることが予想されている。コンポーネントの数を極力減らすことで、画面占有率の引き上げを実現する狙いだ。

「iPhone X」はジャーナリストや専門家だけでなく、ユーザーからも高い評価を得ることができている。しかし、一部ユーザーからは、この「切り欠き」のデザインが気に入らないという声も挙がっている状態。もし、コンポーネントの減少で切り欠き部分を少しでも小さくすることができたなら、批判的なユーザーから受け入れてもらうことができるかもしれない。

ただし、残念なことにこれは2018年秋の話ではなく、早くて2019年秋に発売する新型iPhoneの話になるとのこと。2018年に登場する新型iPhoneに関する情報は現時点でとても少ないが、巷では「iPhone X」の派生モデルがいくつか登場すると予想されている。つまり、切り欠きの大きさは現行モデルとさほど変化はないことになる。これについては、以下の記事で詳しくまとめているので、気になった方は是非。

ちなみに、ETNewsは、Appleが今年から来年にかけて、より多くの製品に顔認証機能「Face ID」を搭載すると予想している。これは、LG Innotecがカメラモジュール技術に多額の投資を行なっているとの報道を受けての予測となっており、Appleからの顔認証センサーなどの各モジュールの発注が増えている可能性が指摘されている。

予想されるのは、iPadやMacへの搭載。今後のApple製品は、指紋やパスコードではなく顔でロックを解除するようになるのかも。

[ via MacRumors ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。