Apple、新型27インチiMacを2022年第1四半期に発売?最大120HzのミニLEDディスプレイ搭載と業界コンサルCEOが伝える

Appleは2022年第1四半期に、27インチiMacの新型モデルを発売する可能性があることがわかった。ディスプレイサプライチェーンコンサルタントのCEO、Ross Young氏は現地時間19日に、自らのTwitterアカウントにて独自の情報として伝えている。

新型27インチiMacが2022年第1四半期に登場?

同氏によれば、Appleは新型27インチiMacを2022年第1四半期に発売する計画であるのこと。同モデルには、24〜120Hzの可変リフレッシュレートに対応したミニLEDディスプレイが搭載されると言う。

高品質な画面を搭載したiMacの画面は、14インチ・16インチMacBook ProのLiquid Retina XDRディスプレイのように、XDRブランディングがなされるのではないかと伝えている。

Ross Young氏は、画面解像度など詳細については述べていないものの、すでに現行の27インチiMacは5Kの高解像度をサポートしていることを踏まえると、おそらく5Kと同等あるいはそれ以上の解像度になる可能性が高い。

Appleは、MacのApple Silicon化を2年かけて行っている。今月には14インチ・16インチMacBook Proを投入することで、すべてのMacBookシリーズのApple Silicon化を完了する。残るは実質的にiMacとMac Proのみとなるわけだが、その登場時期は2022年の初め頃になる可能性がありそうだ。

なお、上位版iMacは32インチの画面を搭載するとの噂もあるが、Ross Young氏が今回提示したのは27インチという画面サイズ。下位版iMacのように画面が大型化することはないのかもしれない。

(via MacRumors )

関連記事
24インチiMac (M1, 2021) レビュー。新デザインで可愛くなった主力デスクトップMac、新チップによる性能向上を検証

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。