4インチiPhoneの名称は「iPhone 5e」か すでに量産が開始済み?

「ヘッドフォン端子廃止」説や「ワイヤレス充電と完全防水」説など、「iPhone 7」について様々な噂が出ている昨今、ついつい忘れがちな「4インチ型iPhone」にも新しい情報が出てきたので紹介する。

名称は「iPhone 5e」か

中国のTencentは、話題の4インチ型iPhoneの名称が「iPhone 6c」ではなく「iPhone 5e」となり、2~3月以降に発売されると報じている。

iphone5e2

本体のデザインは「iPhone 5」や「iPhone 5s」と似たものとなり、「iPhone 5s」よりもほんの僅か小さめで、少し軽くなる。ストレージ容量についても明らかになっており、「16GB / 64GB」モデルが用意されているようだ。

気になる本体カラーだが、「シルバー / スペースグレイ / ゴールド」の3色展開で、機能面としてはApple PayとVoLTEを利用することができるとのこと。

すでに量産が開始されている状態で、2016年の2月~3月には発売されるものと見られている。価格は「iPhone 5s」と近い値段帯の3,288元(約59,000円)で提供される予定であるとTencentは伝えている。

「iPhone 5e」の「e」は「enhancement(拡張・向上)」

Tencentは中国国内でのリーク情報をまとめた結果、以下のようなスペックになると予想、「iPhone 5s」と比較してみたので見て欲しい。

  iPhone 5e iPhone 5s
CPU A8プロセッサー A7プロセッサー
RAM 1GB 1GB
ストレージ 16GB / 64GB 16GB / 32GB / 64GB
iSightカメラ 800万画素 800万画素
カラー シルバー / ゴールド / スペースグレイ シルバー / ゴールド / スペースグレイ
Apple Pay 対応 非対応
VoLTE 対応 非対応

「iPhone 5e」のRAM容量は変わらないものの、CPUプロセッサーが「iPhone 5s」時代の「A7」から「A8」に進化することで、よりサクサクな動作が期待できると思われる。

また機能面、スペック面ともに「iPhone 5s」の上位互換となることが予想されている。そのため、「iPhone 5s」の生産は「iPhone 5e」と同時に終了し、4インチ型iPhoneは「iPhone 5e」に一本化するとのこと。

iphone5e1

ちなみに「iPhone 5e」の「e」の文字は英語で拡張・向上を意味する「enhancement」の頭文字を取っているとのことだ。

今回のリーク情報はFoxconnの従業員からの情報として報じられており、比較的信憑性が高い。「iPhone 5e」とあまりAppleらしくない名前な気もするが、スペック面に関してはかなり現実的なものになっているのではないだろうか。

4インチ型iPhoneの登場を待っている人は、もう少しの辛抱だ。

[ via Tencent ]

iphone5e1¥2
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう