5G通信に対応したiPhoneは2020年に登場か

モバイル通信の次世代の通信方式 「5G」 は早くて2020年に導入を迎える予定となっており、日本でもドコモ・au・ソフトバンクの3社がサービス開始を目指して準備を進めていることが発表されている。

この通信方式の準備をしているのはキャリアだけではない。Appleも5G用の電波帯を使用するための申請書をFCC(連邦通信委員会)に提出しており、同申請書が無事通過したことで5Gのテストが開始できるようになったことが報道されているが、5G iPhoneが登場するのはかなり早い段階になりそうだ。

Fast Companyがある有力な情報筋から入手した情報によると、Appleは2020年に5Gに対応したiPhoneを発売する予定であるとのこと。

5G iPhoneは2020年に登場か

情報によると、Appleは2020年に発売するiPhoneに、Intelが独占供給する8161モデムチップ(10nmプロセスで製造予定)を採用するという。現時点でIntelは同チップの前身となるチップのテストをしており、同チップは5G対応iPhoneのプロトタイプの作成に利用されるようだ。

しかし、Intelは8161モデムチップの放熱など複数の問題を解決することができていないため、もし問題が解決できずチップの供給ができなかった場合に備えて、AppleはMediaTekとの間でも会談を行い、別チップの供給に関する話を進めているとのこと。

ちなみに、世界初となる5GスマートフォンはQualcommの5Gチップを採用したAndroid端末で、2019年に登場する予定とされている。5G通信は4G通信の10~100倍早い速度になることが期待されている。

[ via The Verge ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。