2018年発売の新型iPhone、6.1インチ液晶モデルのタッチパネルはGISとTPKが受注か

2018年に発売される新型iPhoneは、「iPhone X」と同じ5.8インチと、そのビッグサイズモデルとなる6.5インチの有機ELディスプレイ搭載モデル、そして6.1インチの液晶ディスプレイが搭載されたモデルの3モデルが登場すると噂されている。

このうち、6.1インチの液晶モデルのタッチパネルの供給元に関して、工商時報が新たな情報を伝えた。

6.1インチ液晶モデルのタッチパネルはGISとTPKが受注

工商時報によると、6.1インチの液晶ディスプレイ搭載モデルのタッチパネルは、General Interface Solution Holdings Limited(GIS)とTPK Holdingsの2社が受注。

また、先日時事通信が伝えた情報では、液晶モデルにはJDI(ジャパンディスプレイ)の新型液晶「フルアクティブ」が採用される見通しであるとのことだったが、工商時報はそれに反して、LG Displayが供給すると伝えている。

現時点では有力な情報が少ないため、時事通信と工商時報のどちらの情報が正しいのかを判断するのは難しい。そのほかの情報が出てくるまで、この結論は出なさそうだ。

ちなみに、有機ELディスプレイに関しては、依然としてSamsungが供給することになり、タッチセンサーフィルムの供給はNISSHAが独占して行うとのこと。

[ via Macお宝鑑定団Blog ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。