今秋発売の次期iPhoneのディスプレイパーツを撮影した写真が流出

今秋に発売される3つのiPhoneのうち、低価格モデルと噂されている6.1インチモデルのディスプレイパーツを捉えた画像が流出した。海外メディアBGRは、過去にリーク実績のある人物が、次期iPhoneのディスプレイパーツを撮影した写真をTwitterに投稿した、と伝えている。

次期iPhone(6.1インチ)のディスプレイパーツの写真が流出

こちらが投稿された写真、iPhoneのディスプレイが並べられているのが確認できる。これを投稿したMr. White(@laobaiTD)氏によると、これは次期iPhone(6.1インチモデル)用の有機ELディスプレイであるとのことだ。

形状から、次期iPhoneに搭載される可能性は十分にありそうだが、これについては少々気になる点もある。

というのも、これを投稿したリーク者Mr. White氏の発言の一部に間違いがある可能性があるからだ。

これまでの情報をまとめると、今秋に発売予定の新型iPhoneは合計3種類で、そのうち2機種が有機ELディスプレイを搭載するとされているが、ひとつは5.8インチでもうひとつは6.5インチであると伝えられている。

そして、残るひとつは6.1インチの液晶ディスプレイを搭載したモデル。他の有機ELディスプレイに比べて少し値段が安いモデルになる、というのが濃厚だ。

ただし、Mr. White氏の報告では今回の写真に写っているディスプレイは「6.1インチの有機ELディスプレイ」。これまでの噂と照らし合わせると、彼は画面のインチ数を間違えた、あるいは画面の種類を間違えた可能性が高い。

BGRは、Mr. White氏のタイプミスの可能性を指摘しているが、ディスプレイの種類を間違えたと考えるよりは画面サイズを打ち間違えた、と考えた方がどちらかと言うとしっくりくる。もしそうだとしたら、今回の写真に写っているディスプレイは6.1インチ液晶モデル用のものではなく、6.5インチ有機ELディスプレイモデル用のものである可能性がある。

ちなみに、新型iPhoneの製造に向けてAppleは入念に準備を重ねていると伝えられている。組み立て工場の従業員に対してはすでにトレーニングが実施されている、とも噂だ。そうなると、そろそろディスプレイの生産も本格化してもいい頃、今回のような画像が出てきてもなんら不思議はない。

ちなみに、6.5インチモデルは「iPhone X」を大型化したモデルとされ、機能自体は5.8インチモデルとほぼ変わらないとされる。

また、6.1インチの液晶モデルについては、有機ELディスプレイではなく液晶ディスプレイを搭載。そのほかにも「3D Touch」などの最新機能を搭載しないなど、ある程度のコスト削減が行われると予想されている。イメージとしては少しお手頃価格な「iPhone X」といった感じになるのだろうか。

[ via iPhone Mania ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。

コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。