6.1インチ液晶iPhoneのレンダリング画像が公開 シングルレンズカメラ搭載もデザインはiPhone X風に

今秋、Appleは3種類のiPhoneを発売すると噂されている。

このうち、5.8インチと6.5インチの2種類は有機ELディスプレイを、もう1種類の6.1インチモデルは液晶ディスプレイを搭載すると噂されているが、この6.1インチモデルの最新レンダリング画像をBGRが入手、公開している。

iPhone X風のデザインが採用、搭載カメラはシングルカメラに

公開されたレンダリング画像を見ると、「Ghostek」というケースメーカーのゴツめのケースに6.1インチiPhoneが収まっている様子が確認できる。

以前からの噂通り、デザインはiPhone Xのように全面ディスプレイになり、ホームボタンが廃止。さらに画面上部のノッチ部分もあり、前側の見た目は完全にiPhone Xだ。

しかし、背面のカメラは単眼レンズになっており、デュアルレンズカメラが搭載されたiPhone Xよりもカメラ性能は低くなっていることが予想される。

BGRはこの画像を信頼できる情報源から入手したという。この情報源が過去に公開したレンダリングは寸法が正確であったことに加えて、他の情報源からも正確であることが確認されたとBGRは伝えているため、今回のレンダリング画像も正しい寸法である可能性が高い。

ちなみに、今月初めにもGhostekから入手した情報を元に作成されたとされるCAD画像が公開されている。こちらもシングルレンズカメラなど今回の情報と通じる部分があるため、同じ情報源から入手された情報であると考えるのが妥当だろう。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。

コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。