6.1インチ液晶を搭載した次期iPhone、やはり11月以降に発売が遅れる模様

今年、Appleは3つの新型iPhoneを発売する計画だ。そのうち二つは、有機ELディスプレイを搭載した次期「iPhone X」だが、残る一つは6.1インチ液晶ディスプレイを搭載したiPhoneであると噂されている。

この6.1インチ液晶を搭載した次期iPhoneは、価格が700ドル(約77,000円)程度と、上位機種に比べて安く購入できることもあり、人気が集まると各国のアナリストは予想しているが、同モデルを購入できるようになるまでは少しだけ待つ必要がありそうだ。

6.1インチiPhoneの液晶ディスプレイの出荷は早くて2018年11月末に

その理由は、液晶ディスプレイの生産が思うように進んでいないからだ。Macお宝鑑定団Blog(羅針盤)によると、6.1インチ液晶モデル用に作られる画面は、JDI(ジャパンディスプレイ)の第3世代「Pixel Eyes」タッチセンサー方式を採用した「FULL ACTIVE」ディスプレイになるとのことだが、この画面にとても高い精度で生産することが求められていることもあり、7月からの量産でまだ完品率1%となっているとのことだ。

本来ならAppleは9月に新型モデルを発表し販売を開始したいところだろうが、この状況が本当なのだとしたら、現状ではそれは難しいだろう。関係者は早くて2018年11月末出荷になると予想しているとのことなので、実際にユーザーの手元に行き渡るには2018年12月から2019年に食い込む可能性もあるのかもしれない。

ちなみに、この6.1インチ液晶モデルは「iPhone 5c」のようなマルチカラー展開になると言われている。

具体的なカラーラインナップはまだ確定していないが、著名アナリストMing-Chi Kuo氏によるとホワイト / グレー / ブルー / レッド / オレンジの5色。Macお宝鑑定団Blogによると、ホワイト / ブラック / フラッシュイエロー / ブライトオレンジ / エレクトリックブルー / トープ or ゴールドの6色になると予想されている。

6.1インチカラーラインナップ予想
Jun Zhang氏 Ming-Chi Kuo氏 Macお宝鑑定団Blog
ブルー
イエロー
ピンク
etc…
ホワイト
グレー
ブルー
レッド
オレンジ
ホワイト
ブラック
フラッシュイエロー
ブライトオレンジ
エレクトリックブルー
トープ or ゴールド
▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。