フォルダブルiPhoneの登場は2023年に?8インチのフレキシブル有機ELディスプレイ搭載との情報

Appleは秘密裏に折りたたみ式のiPhoneを開発していると噂されているが、同デバイスの登場は2023年になる可能性があることがわかった。

米メディアMacRumorsが、TF International Securitiesの著名アナリストMing-Chi Kuo氏のレポートから最新情報を伝えた。

8インチディスプレイ搭載のフォルダブルiPhoneが2023年に登場か

Ming-Chi Kuo氏によると、Appleは8インチのフレキシブル有機ELディスプレイを搭載したフォルダブルiPhoneを発売することを計画しているとのこと。画面サイズは8インチ (QHD+) で、Samsung Displayが独占的に供給を行うという。

発売は2023年を計画しており、その年の出荷台数は1,500万台〜2,000万台になるとKuo氏は予想している。

折りたたみ式のスマートフォンについては、すでにSamsungなど他社が市場を牽引している形だが、Appleは後発として製品を出すものの、自社製品間の連携(エコシステム) が市場シェアの獲得に優位に働くとの見方を持っているようだ。

Appleが計画しているフォルダブルiPhoneの具体的なデザインや仕様については現時点ではほとんど分かっていないため、今後の続報に期待となる。

関連記事
パンチホール採用の新デザインiPhoneが2022年発売か。噂の折りたたみ式iPhoneは約8インチ画面搭載で2023年発売との情報
折りたたみ型iPhoneは2023年に発売?7インチOLEDを搭載し、Apple Pencilをサポートとの噂

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。