Apple、「iOS 9.3.2」アプデ後にiPadが文鎮化する問題の解決に着手している模様

現在、9.7インチ「iPad Pro」を「iOS 9.3.2」にアップデートすると、本体が再起動できなくなる「文鎮化」が起こる不具合が発生中だが、Appleはこの不具合を既に確認済みのようだ。

iPadが文鎮化して復元もできない場合はAppleのサポートへ

iOS9.0.1

先日リリースされた「iOS 9.3.2」は、多くの不具合の修正やセキュリティアップデートが行われた重要なアップデートとなっているが、現在、9.7インチ「iPad Pro」を「iOS 9.3.2」にアップデートすると本体が文鎮化してしまうという不具合が一部の端末で発生中だ。

この不具合は必ずしも発生するというわけではないようだが、文鎮化してしまうと画面に「エラー56」の画面が表示され、本体が全く使えなくなってしまう。iTunesで復元を試みても復元不可能な場合もあるようだ。

この不具合に関して、Appleの広報担当者は「一部のiPadからのエラーを受信している」と不具合の発生を認め、iTunesを利用した復元ができない場合はAppleのサポートに連絡してほしいと述べたとのこと。

9-7inch-ipad-pro_3

ちなみに、酔いどれオヤジのブログwpによると、実際に9.7インチ「iPad Pro」が文鎮化してしまった旨をAppleのサポートに連絡したところ、Genius Barの予約を取ってもらえたようだ。

Genius Barでは、文鎮化してしまった本体を新品と交換してもらったとのことなので、もし9.7インチ「iPad Pro」が文鎮化してしまって困っている場合はまずはAppleのサポートに連絡し、近くのGenius Barの予約を取ってもらおう。

また、Genius Barで本体の交換対応をしてもらいたい場合は、文鎮化した本体を「iPhoneを探す」から削除する必要がある。

文鎮化してしまった場合は本体から削除することができないので、違う端末からiCloudにログインし、「iPhoneを探す」アプリを起動、文鎮化してしまった9.7インチ「iPad Pro」を選択して削除すれば良い。

酔いどれオヤジのブログwpでは、Genius Barでの実際の対応やサービス見積書などが公開されているので、詳しく知りたい方はそちらを確認してほしい。

[ via iMore / 酔いどれオヤジのブログwp ]

9-7inch-ipad-pro_3
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう