9.7インチ型iPad ProのRAM容量は2GB、ベンチマークスコアも同時に公開

ipad-pro-benchmark

9.7インチモデルの「iPad Pro」のRAMは2GBだったようだ!残念!

昨日、Appleのスペシャルイベントで発表された9.7インチ型「iPad Pro」だが、MacRumorsによると、早くもベンチマークスコアやRAM容量などが明らかになっているようだ。

RAM容量は12.9インチ型「iPad Pro」の4GBに及ばず

TechCrunchのチーフエディターであるMatthew Panzarino氏はTwitter上で、9.7インチ型「iPad Pro」のベンチマークスコアを公開している。そのベンチマークスコアによると、9.7インチ「iPad Pro」は2GBのRAMを搭載していることが明らかになった。

 

ツイートに添付された画像には、昨日のスペシャルイベントで発表された9.7インチ型「iPad Pro」が置かれており、画面を見るとベンチマークアプリ「Geekbench」で計測したベンチマークスコアが掲載されている。

「Geekbench」のベンチマークスコアによると、どちらの端末もRAM容量は2GBのものを積んでいることが確認できる。12.9インチ型「iPad Pro」のRAM容量が4GBなので、9.7インチ型「iPad Pro」はその半分の容量ということに。

iPhone SE」のRAM容量に関しては、昨日のうちに他のメディアからも情報が出ており、現在の最新機種「iPhone 6s / 6s Plus」と同じく2GBのRAM容量になっていることで4インチ型「iPhone」ユーザーからは歓喜の声が上がっていたが、残念ながら9.7インチ型「iPad Pro」は12.9インチ型「iPad Pro」と同じRAMを搭載することはなかった。

また、Matthew Panzarino氏が公開している9.7インチ型「iPad Pro」のベンチマークスコアによると、シングルコアで3022、マルチコアで5107、最大動作周波数は2.16GHzとなっている。

これは、12.9インチ「iPad Pro」のベンチマークが、シングルコア3222、マルチコア5471、最大動作周波数2.26GHzだったことを考えると大きく差はつけられていないものの、やはり性能差は設けられているようだ。

ディスプレイの発色やカメラ性能などは断然9.7インチ型「iPad Pro」の方が上だが、処理性能に関しては12.9インチ型「iPad Pro」の方が上のようだ。どちらを買うかはユーザー次第、自分が気に入った方を購入しよう。

▶︎Apple公式サイトで「iPad Pro」をチェック!

ipad-pro-benchmark
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう