【悲報】9.7インチ型「iPad Pro」は「iPhone 6s」のようにカメラが出っ張っていることが判明

9.7ipad-pro2

本日、Appleは新製品の発表イベントで、9.7インチ型の「iPad Pro」を発表した。9.7インチ型「iPad Pro」は12.9インチ型と同じプロセッサーを搭載しているおかげで、同等かそれ以上のスペックを発揮できると思われる。

より広色域の「True Toneディスプレイ」や1,200万画素のカメラを搭載したことで、実質12.9インチよりも高性能端末になったのではないかと浮かれた気持ちで、Apple公式サイトを眺めていたところある点に気づいてしまった。

背面カメラの部分が出っ張っている…だと?

Apple公式サイトで9.7インチ型「iPad Pro」のデザインを見て欲しい。背面が掲載されている箇所は非常に少ないのだが、背面が見える画像を探していると、カメラ部分が妙に盛り上がっていることに気付いてしまった。

9.7ipad-pro1

12.9インチ型「iPad Pro」にはなくて、9.7インチ型にはある突起。「iPhone 6 / 6s」シリーズにもあるかなり特徴的な突起だが、これはおそらく、カメラ性能の差に原因があると思われる。

9.7ipad-pro3

12.9インチ型「iPad Pro」のカメラが800万画素であるのに対して、9.7インチ型に搭載されているのは1,200万画素カメラだ。カメラスペックの違いはイメージセンサー部分の厚さに影響し、1,200万画素カメラは800万画素のカメラよりもイメージセンサー部分が厚くなってしまった。

9.7ipad-pro4左は12.9インチ型の「iPad Pro」

その結果、残念なことに筐体内に収まらず、9.7インチ型「iPad Pro」にはカメラの出っ張りがあるデザインになってしまったということではないだろうか。

それかイメージセンサーの厚さはどちらのモデルも変わらないが、12.9インチ型よりも0.8mmも薄くなったことから、その薄くなった分、カメラが出っ張る仕様になったのか。

どちらも可能性は高いが、iPhoneと違い「iPad」は大きいのでケースを付けないで使うという人も多そうだ。机など平らな場所に置いた時に、変にガタガタしないか。それだけが少し不安になってしまった。

9.7ipad-pro1
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう