次期iPhoneのA14チップ、現行iPad Proと同じくらい高性能に?Geekbenchスコアが発見

Appleは今秋、次期iPhoneの 「iPhone 12(仮)」 を発売するとみられているが、同端末に搭載される次世代チップ 「A14」 に関する新しい情報が見つかっている。

Research Snipersによると、GeekbenchでA14チップのものと思われるベンチマークスコアが発見されており、同スコアからA14チップが3GHzを超える初のARMベースプロセッサになることが判明したとのこと。

A14チップは初の3GHz超えプロセッサに

A14チップは、現行のiPhone 11/11 Proシリーズに搭載されているA13チップの次世代モデルとなるプロセッサチップ。今秋発売のiPhone 12シリーズに搭載されると噂されているものだ。

Research Snipersは、GeekbenchからこのA14チップのベンチマークスコアを発見した。プロセッサの周波数は3GHz超えで、現行のA13チップ(2.7GHz)よりも高い上に、現行のiPad Proに搭載されているA12Xチップ(GHz)にも匹敵するほど高性能であるということになる。

シングルコアスコアは1658、マルチコアスコアは4612。いずれもA13チップに比べて、シングルコアが約25%、マルチコアが約33%高くなっている。また、現行の最新Androidスマートフォンと比較してもかなり高いスコアとなっているようだ。

参考:各スマートフォン別のGeekbench 5スコア

搭載チップは高性能であればあるほど、これまでは実現できなかった高度な処理をこなせるようになったり、たくさんの処理を同時に実行できるようになる。次期iPhoneは従来にはなかった新機能の搭載はもちろん、通常の操作でさえも快適にできるようになりそうだ。

関連記事
「iPhone 12」 は2020年10月発売か 新型コロナ影響で技術検証試験に遅れが発生
iPhone 12シリーズ、基本デザインは全モデル共通。違いは画面サイズとカメラの個数か

[ via MacRumors ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。

コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。