認証機関に掲載されたバッテリーは次期MacBook Airのものでほぼ確定か。登場は近い?

先日、MacBook Airのものとみられるバッテリーの情報が韓国の認証機関KLT(韓国産業技術試験院)に登録されたことをお伝えしたが、これと同じ型番のバッテリーが韓国Safety Koreaの認証を取得し、その画像が認証機関のサイトに掲載されたことが明らかになった。91mobilesが伝えている。

先日発見された 「A2389」 はMacBook Airのバッテリーで確定か

上記が今回掲載されたバッテリーの写真。先日の段階では、発見された 「A2389」 のバッテリーの電圧や容量が現行のMacBook Air(2020)に近いことから、同バッテリーが次期MacBook Air用のものではないかと推測されていたに過ぎなかったが、この画像が公開されたことでMacBook Air用であることがほぼ確定となった。

現行MacBook Airと比較すると一目瞭然

次期MacBook Airに関しては、TF International Securitiesの著名アナリストMing-Chi Kuo氏が2020年冬もしくは2021年春にAppleシリコンを搭載したモデルが登場するとの予測を発表している。

また、台湾DigiTimesも、同じくAppleシリコンを搭載したMacBook Airが2020年後半に登場すると以前伝えていたことから、今後半年以内に次期MacBook Airが登場する可能性が高い。初のAppleシリコン搭載MacBook Airに期待している方は、今後の情報に注目しておこう。

関連記事
MacBook Air 2020 レビュー | プロセッサの大幅進化でMacBook Proに近づいた理想のデバイス
次期MacBook Airが韓国認証機関に登録されている?バッテリー容量は現行モデルと同じか

[ via 9to5Mac / img via iFixit ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。