iPhone 6s / 6s Plusの「A9」はメーカーで性能が違うことが判明!

Appleに搭載されているCPU「A9」は、今までのiPhoneに搭載されてきたCPUからするとかなり優秀なものだ。「A9」がiPhone 6s / 6s Plusのパフォーマンス向上に一役買っているのは間違いない。
しかし、この「A9」についてひとつ気になる話が浮上してきた。

「A9」は製造元で性能が違う!?

まず「A9」についてだが、製造元が2つ存在する。一つは「Samsung (韓国)」製、もう一つは「TSMC (台湾)」製である。

先日このサイトで、「A9」は作られた会社によってサイズが異なる、という記事を掲載した。
関連:iPhone6s搭載のCPUチップ「A9」、メーカーによってサイズが違うことが判明。

だが今回、製造元によってサイズが異なるだけではなく、「電池の持ち」にも違いがあることが判明したのだ!

「TSMC製」の方が「Samsung製」よりも優秀

Engadgetによると、TSMC製の「A9」の方が、Samsung製の「A9」よりも2時間電池持ちが良くなるというテスト結果が出ていることが判明。

このテストは「GeekBench 3」というアプリを使用して計測。複数回、バッテリー駆動テストをしたところ、何度やってもTSMC製のiPhone 6sの方が駆動時間が長かったという検証結果が出ている。

TSMCvsSamsung
[ img via MacRumors ]

画像でもわかる通り、バッテリーの駆動時間が2時間近くも差が出ていることがわかる。

さらにSamsung製のiPhone 6s / 6s Plusは本体の発熱が僅かに発生するという報告もある。

これらを踏まえると、TSMC製のチップを搭載しているiPhone 6s / 6s Plusの方がパフォーマンスが良いと言えるようだ。

あなたのiPhoneはどっち?

あなたのiPhoneがどちらの「A9」チップを搭載しているか、安全に調べる方法がある。方法は、こちらの記事にまとめたので参照してほしい。

[ via Engadget / MacRumors]

phone6s
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう