海外からAbemaTVが視聴可能に  アメリカ、イギリス、オーストラリア、タイ、カナダ、ブラジルの6か国で試験導入

2月25日、AbemaTV同社の運営するインターネットテレビ局 「AbemaTV」 が海外からの視聴に試験的に対応したことを明らかにした。

これにより日本国内と同様に、海外からも無料でニュース番組をはじめとした 「AbemaTV」 のコンテンツを楽しめるようになったとのことだ。

AbemaTVが海外からも視聴できるように

海外からの視聴に対応した国・地域は在留邦人数が多い米国、英国、オーストラリア、タイ、カナダ、ブラジルの6ヶ国。これらの国で、まずは 「海外版AbemaNewsチャンネル」 にて、オリジナルニュース番組 「AbemaMorning」 や 昼の帯番組 「けやきヒルズ」 などを再編成し放送する。また、将棋や麻雀、釣り番組といった 「趣味」 を楽しめる人気番組についても今後放送予定。放送コンテンツは今後も順次拡充予定としているほか、配信地域も拡大を予定しているという。

まずは 「海外版AbemaNewsチャンネル」 にて、平日朝に放送中のオリジナルニュース番組 「AbemaMorning」 や昼の帯番組 「けやきヒルズ」 などを再編成し放送するほか、「将棋チャンネル」 での棋戦中継やオリジナル対局番組や、「麻雀チャンネル」 でのプロ麻雀リーグ 「Mリーグ」 の試合中継、「釣りチャンネル」 の釣り番組など、趣味を楽しめる様々なコンテンツを放送予定です。

現時点ではiOSとAndroidアプリからの視聴のみ可能で、2019年4月初旬からはWebブラウザでの視聴に対応する予定としている。ただし、外国語字幕対応や多言語放送の配信については今後対応する予定はなく、今回はあくまで海外で暮らす日本人や旅行中の方が日本向けに作られたコンテンツを視聴できるようにすることを目的としているとのことだ。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。