Adobe、M1チップ対応した 「Premiere Pro」 「Premiere Rush」 「Audition」 パブリックベータ版を配信開始

現地時間12月18日、AdobeM1チップ搭載Macに対応した 「Premiere Pro」 「Premiere Rush」 「Audition」 のパブリックベータ版の配信を開始した。

Adobeによると、「Premiere Pro」 に関してはM1チップへの対応は段階的に行われる予定で、最初のパブリックベータ版ではカラーやグラフィックス、オーディオなどのコア編集機能とワークフロー、プロダクションやマルチカム機能などが利用できる。

このほかの機能についてはまだ対応していないため、利用する方はすべての機能が利用できるわけではないことに注意していただきたい。

ちなみに 「Premiere Pro」 のパブリックベータ版では、MacBook ProのTouch Barでツールセレクターをタップするとクラッシュする、エクスポート中に推定ファイルサイズが桁違いレベルの不正確なサイズを表示するなどの不具合が複数見つかっているという。不具合の詳細はこちらのページから確認できるため、利用する前に必ずチェックしておくようにしよう。

関連記事
MacBook Pro M1 レビュー | 私のMac、速すぎ…!熱くならないしサクサク動く不思議なMac。その実力を徹底検証
MacBook Air M1レビュー (2020) 高性能M1チップ搭載でAirがProを超える。バッテリー持ち大幅向上で1日いっぱい使えるように

▶︎ Apple公式サイトで各種「Mac」製品をチェック
 ・27インチiMac
 ・24インチiMac
 ・21.5インチiMac
▶︎ Apple公式サイトで各種「MacBook」製品をチェック
 ・MacBook Pro
 ・MacBook Air
▶︎ Apple公式サイトで「Mac Pro / Mac mini」をチェック
 ・Mac Pro
 ・Mac mini
▶︎ Apple公式サイトでMacアクセサリをチェック
 ・Magic Keyboard / Magic Trackpad 2 / Magic Mouse 2 / その他
▶︎ 「Mac」をAppleの学生・教職員向けストアで購入

[ via MacRumors ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。