Microsoft、Activision Blizzardを7.9兆円で買収。Xbox Game Passラインナップが拡充へ

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

現地時間1月18日、米Microsoftはゲームメーカー大手Activision Blizzardを買収すると発表した。買収にかかる費用は678億ドル (約7.9兆円) 。買収は2023会計年度に完了する予定。

Activision Blizzardは買収後も事業を継続する予定。なお、この買収によってMicrosoftはTencent、ソニーに次ぐ世界3位の規模をもつゲーム会社となる。

Activision Blizzardは、Activision、Blizzard Entertainmentなどを筆頭とした複数の開発スタジオをもつゲームメーカー。有名タイトルとしては『Call of Duty』シリーズや『ディアブロ』シリーズ、『クラッシュ・バンディクー』シリーズ、『Overwatch』などがあり、今回の買収でこれらのタイトルがすべてMicrosoftのものになる。

買収後は、Activision Blizzardの新作・過去作をXbox Game Pass、PC Game Passで配信することが明らかにされている。

関連リンク:Welcoming the Incredible Teams and Legendary Franchises of Activision Blizzard to Microsoft Gaming – Xbox Wire

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

Microsoft、Series X ロゴ、Series S ロゴ、Series X|S ロゴ、Xbox One、Xbox Series X、Xbox Series S、Xbox Series X|S は Microsoft グループ企業の商標です。

(当サイトで使用している画像は、いずれも正しい形での引用を行うか、各権利者に許諾を得て掲載しています。)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。