Amazon Alexa、2018年内に広告読み上げ機能を搭載? Amazonは報道を否定

日本でも徐々に知名度が高まってきているスマートスピーカー。そのうちのひとつ、「Amazon Echo」には「Alexa」と呼ばれる人工音声アシスタントが搭載されている。

この「Alexa」は、ユーザーの話したことを割と正確に理解し、クラウドを経由してスマートな返答をすることが可能だが、2018年に広告の読み上げ機能が搭載される可能性があることがCNBCの報道で明らかになった。ただし、Amazonは同報道に対して否定的なコメントを残している。

 

CNBCによると、Amazonが「Alexa」に導入しようとしている広告読み上げ機能は、他企業から依頼を受けた商品を宣伝したり、Amazonが自社でプッシュしたいサービスや商品を宣伝するために使用されるとのこと。Amazonは、CloroxやP&Gなどと協議を行なっており、様々な広告タイプをテストしていると報じられている。

使用される機会が多そうなのはショッピングプラットフォーム。「Amazon Echo」は声を使って、Amazonでの買い物をすることができるが、ユーザーがEchoに商品を検索させた時に、広告を払っている企業の商品を先に提案することが検討されているようだ。Google検索のように、広告料を支払うことによって他コンテンツよりも上位に表示するような仕組みだ。

Amazonは以前からプレースメント広告の提供を検討していたが、2018年になった今でも導入はしていない。Amazonはユーザビリティを考慮し、導入を先延ばしにしているとの報道もあったが、Slate曰く”それも時間の問題”であるとのこと。

しかしCNBCによると、同報道に対してAmazonは「Alexaに広告を導入する計画はない」と真っ向から否定している。このコメントは本当であれば、ユーザーの問いかけに対して、広告的な内容が提示されることはないということになる。Amazonと協議をしている企業からもコメントは得られておらず、「Alexa」が広告を読み上げることになるのは”時間の問題”ではなく、少なくともまだ先の話になるのかもしれない。

Amazon Echo (Newモデル)、チャコール (ファブリック)
Amazon (2017-11-15)
売り上げランキング: 3

[ via GIGAZINE ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。