「adidas Performance Grip Case for iPhone XS Max」 レビュー

当サイトでは、これまで何度かadidasのiPhoneケースを紹介してきた。

紹介したケースの多くは 「adidas Originals」 シリーズ、adidasの伝統デザインを踏襲したスポーティなもの。ケース背面にadidas Originalsのトレフォイルロゴが入り、優れた耐久性を特徴とする。中にはスニーカーに使用されることの多い合皮を使ったケースもあった。

しかし、今回紹介するのはadidas Originalsシリーズとはやや一線を画す製品だ。その名も 「adidas Performance Grip Case for iPhone XS Max」 、adidasのクールなデザイン性よりも機能性を重視したケースになっている。今回、同製品のサンプルを提供してもらうことができたので、実際に使用してみた感想を以下で詳しく紹介したいと思う。

普段は普通のiPhoneケース、だけど背面グリップを出すと高機能ケースに様代わり

今回紹介する 「adidas Performance Grip Case for iPhone XS Max」 は、スポーツ仕様ながらもデザインはやや地味。ただし、背面にグリップハンドが用意されているなど、他のケースにはない特徴を持った高機能iPhoneケースになっている。

ケースは主にポリカーボネート製バックプレートとTPUのサイドストリップで構成されており、背面にはエンボス加工のTPEポリマーが採用。この背面加工のおかげで、落下時の衝撃を分散・吸収する。

ケース側面にはエンボスされたラバー加工のTPU製サイドストリップが採用されている。適度な滑りにくさでグリップしやすく、手からiPhoneが零れ落ちるのを防ぐことができる。

同製品の最大の特徴は何と言っても、背面のグリップハンド。このハンドグリップをグイッと引っ張り出し指を通すことで、iPhoneの落下を防止する。

さらに、下の写真のようにハンドグリップを折りたたむことでスタンドとしても使うことができる。スタンドは縦向き・横向きのどちらにも対応するため、動画を見たいときは横向きにしてデスクに置いておくことも可能だ。ハンドグリップはやや指が通しづらい印象もあるが、ハンドグリップ兼スタンドとしてはとても優秀だ。

ハンドグリップを引き出すときはグリップの下を引っ張るとパチンと簡単に外れる。ハンドグリップを使わないときはケース背面に押し込むように入れてやる必要がある。コツはグリップ左右の丸い部分をグッと押し込む感じ。パチンと音がして収まれば完璧だ。

音量ボタンなど各種ボタンはケースに覆われる仕様になっていて、ケースの上から押して操作する仕組み。押す際はさほど力は必要としないため、ケースを装着していない時と同じように使えるだろう。マナースイッチ部分は他のボタンと異なり開口しており、爪先でオン・オフを切り替えるようになっている。

充電端子やスピーカー部分は十分なくらい大きく開けられているため、Apple純正アクセサリはもちろんのこと、一般的なサードパーティ製アクセサリが使用できる。もちろん、Lightningケーブルを接続して充電することも可能だ。

最近のiPhoneはワイヤレス充電が当たり前となっているが、厚みのあるケースの場合はワイヤレス充電が使えないことが多い。その点、「adidas Performance Grip Case for iPhone XS Max」 はプラスチック素材が多用されていることもあり、問題なく充電することができる。

上記写真は皿形のワイヤレス充電器でテストした時の様子だが、スタンド型でも問題なく充電できることが確認できた。

adidas Performance Grip Case for iPhone XS Max」 は、adidasのケースの中では珍しくデザイン製よりも機能性を重視したケースになっている。普段は普通のケースでも、手から落ちないようにするハンドグリップを引っ張り出して折りたたむと即席スタンドとして使ったりも可能だ。

ややデザインは地味目だが、あまり主張しないケースを求めている方にはオススメかもしれない。即席スタンド機能やハンドグリップを使いたいadidasファンの方は同製品を使ってみてはどうだろうか。

adidas Performance Grip Case for iPhone XS Max」 の価格は3,495円(税込)、Amazonから購入することが可能だ。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。