iPad版 「Illustrator」 アップデートで新機能が追加。透明グリッドや新しい書き出しコントロールなど

6月8日、アドビは 「Adobe Creative Cloud」 製品に関する6月の最新アップデートを発表。同発表の中で、iPad版 「Illustrator」 向けに複数のアップデートを実施したことを発表している。

塗りブラシツールに 「テーパー」 オプションが追加

塗りブラシツールに新たに 「テーパー」 オプションが追加。ブラシの先端を細くすることで、本物のブラシストロークの 「入り」 および 「抜き」 を再現し、より自然な見た目にできる。

半透明のアートワークが簡単に識別できる 「透明グリッド」

背景に市松模様の 「透明」 パターンを表示する 「透明グリッド」 機能が利用可能に。アートワーク上で透明度が適用されている領域 (塗り、線、半透明なオブジェクトなど) を簡単に識別可能だ。

「透明グリッド」 は画面右上の 「表示モード」 オプションから利用可能だ。

新しい書き出しコントロール

画面右上からアクセスできる 「公開と書き出し」 コマンドに、解像度の設定やアートボードの選択、印刷、スクリーンなどの書き出しオプションが追加された。

Illustratorテンプレートファイル (.ait) のサポート

iPad版 「Illustrator」 がテンプレートファイル (.ait) をサポート。Adobe Stockやそのほかのマーケットプレイスから、作業のベースとなるテンプレートを入手してセットアップの手間を省けるようになった。

すでに完成しているテンプレートだけでなく、自分自身のワークフローにあったカスタムテンプレートの作成も可能。

テンプレートファイルのオプションは 「開く」 または 「配置」 コマンドから可能だ。


そのほか、アドビはLightroomやPhotoshopなど複数のアップデートを発表している。各ソフトのアップデートの詳細については公式ブログから確認可能だ。

関連記事
「Adobe Lightroom Classic」 Apple Silicon搭載Macにネイティブ対応。iPad版 「Adobe Photoshop」 ではカスタムブラシが利用可能に

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。