Adobe、「Photoshop Camera」 発表 Adobe Senseiを流用したモバイルカメラアプリ

現地時間11月4日、Adobeは米ロサンゼルスで開催中の 「Adobe Max 2019」 で、モバイルデバイス向けのカメラアプリ 「Photoshop Camera」 を発表した。正式リリースは2020年を予定している。

Adobe Senseiの技術を活用した新カメラアプリ

本アプリは、AdobeのAI技術 「Adobe Sensei」 が流用されており、撮影シーンに応じて最適なダイナミックレンジ・色調に自動調整してくれる。オリジナルの元データは残しつつ、複数の仕上がりパターンを用意しているため、ユーザーの好みに合った1枚を選択することが可能だ。

「Photoshop Camera」 には 「レンズ」 と呼ばれるエフェクトが用意されており、撮影時にリアルタイムで付け加えることができる。レンズは複数種類から選べ、中にはリアルタイム合成なども可能なレンズも用意されており、普通であれば撮影できないような独創性にあふれた写真を撮影できる。

ちなみにレンズはアーティストやインフルエンサーが作ったものが用意されているとのこと。現時点の発表では米国の著名アーティスト、ビリー・アイリッシュとコラボし、歌やミュージックビデオからインスピレーションを受けた限定版レンズも登場するとアナウンスされている。

関連記事
Adobe、iPad版 「Illustrator」 を正式発表 リリースは2020年を予定
iPad版 「Adobe Photoshop」 が配信開始

▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。