Adobe、「Photoshop」 のiPad向けフルバージョンを提供へ 2019年リリース予定

10月15日、Adobe人気画像編集・デザインソフト「Photoshop」のフルバージョンをiPad向けにリリースすることを発表した。アプリ名は「Photoshop CC for iPad」で、提供開始は2019年を予定しているとのこと。

現在、iPad向けには「Photoshop」という名前が含まれるアプリが複数提供されているが、これらはあくまでPC版「Photoshop」の一部の機能だけが使えるアプリとなっていたため、全機能をフルに利用して編集したい場合はPC版を使うしかなかった。

しかし、2019年から提供されるアプリはPC版のほとんどの機能を使うことができるアプリになる予定。レイヤーなどのお馴染みの機能が使えるほか、PC版で作成したPSDファイルを読み込んで編集することもできるという。また、自動でPC版とiPad版のデータを同期する機能も利用可能であるとのこと。

冒頭でもお伝えしたが、「Photoshop CC for iPad」は2019年にリリースされる予定。詳細なリリース日などはまだ発表されていないため、利用したい方は今後の情報を楽しみに待とう。ちなみに、Appleも公式サイトで詳細を発表しているため、気になる方はニュースリリースをチェックしていただければと思う。

また、AdobeはiPad向けに「Project Gemini」を開発中であることも同時に発表している。

「Project Gemini」は、Photoshopのビットマップ形式とIllustratorのベクター形式の両方に対応したドローイングソフトで、両ソフトを行き来することなく1つのソフトで編集を完結することができるのが特徴だ。

同ソフトではPhotoshopのブラシが適用できるほか、新機能のダイナミックブラシも用意されるという。ファイル保存形式はPhotoshopと同じPSDファイルになるため、Photoshopと行き来しながらの編集も可能だ。こちらも提供は2019年になる予定。

Adobe Creative Cloud コンプリート|12か月版|オンラインコード版
アドビシステムズ (2013-10-01)
売り上げランキング: 66
Adobe Photoshop CC|12か月版|オンラインコード版
アドビシステムズ (2013-10-01)
売り上げランキング: 774
Adobe Illustrator CC|12か月版|オンラインコード版
アドビシステムズ (2013-10-01)
売り上げランキング: 146
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。