Adobe Photoshop、最新アップデートでM1 Macを正式サポート

現地時間3月10日、Adobeは同社の画像編集アプリ 「Photoshop」 の最新アップデートを配信。同アップデートでM1チップ搭載Macを正式にサポートしたことを発表した。

PhotoshopがM1 Macを正式サポート

Adobeは昨年11月に、Apple Siliconをサポートする 「Photoshop」 のベータ版をリリースしていたが、本日のアップデートで正式にサポートが追加された形だ。これでM1 Mac上でPhotoshopをネイティブ動作させられるようになった。

Adobeの社内テストによると、M1チップ搭載Macでは前世代のシステムに比べて平均1.5倍のスピードで動作することが確認されているという。Photoshopでは負荷の大きい編集作業をすることも多いため、編集作業の高速化が見込める。

ただし、現時点ではまだ移植が完全に完了しておらず、M1 MacでPhotoshopをネイティブ動作させると利用できない機能もいくつか存在する。

もしそれらの機能を利用したい場合は、ネイティブではなくRosetta 2を介して起動するようにしよう。Rosetta 2を使って起動するには、アプリの 「情報」 ウインドウ内にある 「Rosettaを使用して開く」 にチェックを入れて起動すればOKだ。

関連記事
MacBook Pro M1 レビュー | 私のMac、速すぎ…!熱くならないしサクサク動く不思議なMac。その実力を徹底検証
MacBook Air レビュー (M1, 2020) 高性能M1チップ搭載でAirがProを超える。バッテリー持ち大幅向上で1日いっぱい使えるように

Apple公式サイトで各種Mac製品をチェック

▼ ラップトップMac
MacBook Air
MacBook Pro

▼ デスクトップMac
Mac mini
24インチiMac
Mac Studio
Mac Pro

▼ Macアクセサリ
Magic Keyboard
Magic Trackpad
Magic Mouse
その他

▶︎ 学生・教職員向けストア

[ via MacRumors ]

Adobe、Adobe Acrobat Reader、Adobe Flash Player、Adobe Illustrator、Adobe Photoshop、Adobe Reader X、Adobe Reader XI、Adobe Signは、Adobe Inc. (アドビ社) の米国およびその他の国・地域における商標または登録商標です。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。