Adobe Premiere Pro CCのバグでMacBook Proのスピーカーが故障するケースが複数報告

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

MacBook Proで動画編集ソフト 「Adobe Premiere Pro CC」 を使っている方は注意が必要かもしれない。

9to5Macによると、動画編集ソフト 「Adobe Premiere Pro CC」 のバグにより、MacBook Proのスピーカーが故障する事例が複数報告されているという。

「Adobe Premiere Pro CC」使用中にMacBook Proのスピーカーが故障

Adobe Premiere Pro CCのフォーラムに寄せられた投稿によると、とあるユーザーが15インチのMacBook Proで 「Adobe Premiere Pro CC」 を使って作業していたところ、突然オーディオに関する不具合が発生。半分くらいの音量で作業していたにもかかわらず、かなりうるさい音が発生したため作業を中断したという。すると、MacBook Proのスピーカーから音が聞こえなくなったため一度デバイスを再起動したところ、完全にスピーカーが故障してしまったことが分かったと報告している。

この投稿以外にも他のユーザーから同様の報告が上がっており、それらをまとめるといずれも 「audio enhancement tools」 を使っている際に不具合が発生していたことが判明。MacBook Proのスピーカーを破壊する非常に恐ろしい不具合だが、あるAdobeの担当者からの情報では、「audio enhancement tools」 を使う際には環境設定のAudio Hardware>Default Input>No Inputからマイクをオフにすると、この不具合を回避できるかもしれないとのこと。

ただし、これもAdobeの公式発表ではないため確実な回避策とは言い切れない。心配な方は、一時的にMacBook Proでの 「Adobe Premiere Pro CC」 の使用を中断し、Adobeから発表があるまで様子見するほかなさそうだ。

Apple公式サイトで各種Mac製品をチェック

▼ ラップトップMac
MacBook Air
MacBook Pro

▼ デスクトップMac
Mac mini
24インチiMac
Mac Studio
Mac Pro

▼ Macアクセサリ
Magic Keyboard
Magic Trackpad
Magic Mouse
その他

▶︎ 学生・教職員向けストア

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。