「Adobe Reader」と「Acrobat」の脆弱性が見つかる 利用者は今すぐアップデートを!

IPA(Information-technology Promotion Agency)によると、アドビシステムズ社から提供されている「Adobe Reader」及び「Acrobat」で悪用される恐れのある脆弱性が発見されたようだ。

アドビシステムズ社は既に対策を講じており、どちらも最新版にアップデートすることで脆弱性が解消されるとのことなので、詳細を確認してすぐにアップデートを行って欲しい。

PDFファイルを閲覧することで、任意のコードが勝手に実行されてしまう

adobe-reader-logo[ image via Adobe ]

今回見つかった脆弱性は、「Adobe Reader」及び「Acrobat」を利用してPDFファイルを閲覧した際に、任意のコード(命令)が実行されてしまうことで、アプリケーションが異常終了したり、パソコンが遠隔操作されてしまう可能性があるようだ。

対象となっているAdobe製品は以下のとおり。

  • Acrobat DC (Continuous Track) 15.010.20059 およびそれ以前のバージョン (Windows、Macintosh)
  • Acrobat Reader DC (Continuous Track) 15.010.20059 およびそれ以前のバージョン (Windows、Macintosh)
  • Acrobat DC (Classic Track) 15.006.30119 およびそれ以前のバージョン (Windows、Macintosh)
  • Acrobat Reader DC (Classic Track) 15.006.30119 およびそれ以前のバージョン (Windows、Macintosh)
  • Acrobat XI (Desktop Track) 11.0.14 およびそれ以前のバージョン (Windows、Macintosh)
  • Reader XI (Desktop Track) 11.0.14 およびそれ以前のバージョン (Windows、Macintosh)

「Adobe Reader」をアップデートするには、「Adobe Reader」を起動し、「ヘルプ」メニューの「アップデートの有無をチェック」から更新することが可能だ。もしくは、「Adobe Reader」の公式ページの「今すぐインストール」をクリックして最新版をダウンロードしても良い。

「Acrobat」をアップデートするには、こちらの「製品のアップデート」というページからアップデートすることができる。

アドビシステムズ社からは、「過去に攻撃リスクが高いとされたことのある脆弱性」としてアナウンスされているようなので、利用している方は急いでアップデートを適用して欲しい!

「Adobe Reader」公式ページはこちらから
「Acrobat」のアップデートはこちらから

[ via IPA ]

adobe-reader-logo
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう