Adobe Photoshop、デスクトップ版/web版 (ベータ) に新機能を追加。オブジェクト選択ツールの強化、円柱ワープなど

アドビは、画像編集ソフト 「Adobe Photoshop」 のデスクトップ版とweb版 (ベータ) に複数の新機能を追加すると発表した。

今回のアップデートでは、デスクトップ版では主にAI機能の強化が行われるほか、web版 (ベータ) はすでにデスクトップ版で提供されている編集機能が使えるようになる。同発表に先駆けてメディア向けブリーフィングが実施され、これら新機能に関する説明が行われた。

Photoshopのデスクトップ版/web版 (ベータ) に新機能が追加

デスクトップ版Photoshopについては、主にAI機能が強化されている。

まずは 「オブジェクト選択ツール」 の強化。ポートレートの切り抜き精度が向上し、人物の髪の毛のような細かい部分までしっかりと切り抜けるようになり、合成時の品質向上や、作業時間の短縮に役立ってくれる。

飲み物などのボトルにラベルのようにテキストを合成したいときに便利な 「円柱ワープ」 のプリセットが追加される。メニューの 「編集」 > 「変形」 > 「ワープ」 から 「円柱」 を選択することで利用可能だ。文字の角度などは自由に調整可能で、ボトルに沿うように形を整えて、さらに乗算などの効果を加えてやれば、リアルなモックアップが作成できる。

そのほか、ドキュメントをPDFに変換してレビュー用としてシェアする機能や、ガイドの拡張などが行われている。

また、上記の新機能と同時に、Adobe Senseiの技術を活用して複雑な編集を数クリックでこなしてくれる便利機能 「ニューラルフィルター」 の新しいフィルターが開発中であることも新たに発表されている。

開発中の新しいフィルター 「写真を復元」 は、古い写真や傷のついた写真を復元できるフィルターで、折り目がついたり汚れたりした写真を綺麗に補修したり、白黒写真をカラーにすることができる。同フィルターは近日中のアップデートでの追加を予定しているとのこと。

Photoshop web版 (ベータ) では、デスクトップ版で人気の 「トーンカーブ」 「境界を調整」 「覆い焼き」 「スマートオブジェクトの変換」 などの機能が新たに利用できるようになった。

そのほか、モバイルブラウザからのレビューやコメントができる機能、パフォーマンスとUXの強化などが行われている。

アドビによると、Web版はまだベータ版として開発中ではあるものの、今後正式提供に向けてアップデートを続けていくとのことだ。

Photoshop web版 (ベータ) は、Adobe Photoshopのサブスクリプションメンバーなら誰でも利用できる。こちらのリンクからアクセス可能だ。

(画像提供:アドビ)

Adobe、Adobe Acrobat Reader、Adobe Flash Player、Adobe Illustrator、Adobe Photoshop、Adobe Reader X、Adobe Reader XI、Adobe Signは、Adobe Inc. (アドビ社) の米国およびその他の国・地域における商標または登録商標です。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。