グラフィックソフト「Affinity Designer」のiPad版が発売 発売記念でAffinityシリーズの30%オフセールも開催

Adobe Illustratorの代替ソフトとして人気のMac/PC向けグラフィックソフト「Affinity Designer」にiPad版が登場だ。

現地時間7月10日、Serif Labsは「Affinity Designer」のiPad版となる「Affinity Designer for iPad」を発売したことを発表した。

iPad版「Affinity Designer」が発売

Affinity Designer for iPad」は、Mac/PC版と同じ機能と精度を備え、さらにiPad向けに使いやすく最適化されたグラフィックソフト。

マルチタッチによる各種ジェスチャーが利用可能なほか、Metalテクノロジーを最大限に活用することで超高速パフォーマンスを実現。さらにはApple Pencilの筆圧、傾き、方位角に対応し、その機能と精度を存分に活かすことができるようになっている。

また、Affinityシリーズは買い切りタイプとなっており、一度購入してしまえばあとは課金する必要がないのが大きな魅力となっているが、iPad版も同様で一度購入してしまえばずっと使い続けることが可能だ。

Affinity Designer for iPad」の通常価格は2,400円。ただし、現在は発売を記念してAffinityシリーズの30%オフセールが開催されており、1,700円で購入することができる。

「Affinity Designer for iPad」以外のソフトも30%オフになっているので、Affinityシリーズを一気に揃えたいならぜひこの機会をお見逃しなく。セール価格は以下の通り。

iPad版

Mac版

Windows版の購入はこちらから→ Affinity Designer / Affinity Photo

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。