Mac/iPad版 「Affinity Designer」 と 「Affinity Photo」 がブラックフライデーセールで30%オフに

英Serif Labsがブラックフライデーセールを実施中。同社が開発したグラフィックスアプリ 「Affinity Designer」 と 「Affinity Photo」 が、通常よりも安く購入できるようになっている。

今回対象になっているアプリは、Adobe Illustratorの代替アプリとして知られている 「Affinity Designer」、そしてPhotoshopの代替アプリとして知られる 「Affinity Photo」 。

Mac版はどちらも通常6,000円で販売されているが、今回のセールでは4,200円(iPad版は2,400円→1,700円に値下げ)で購入できる。以前にも似たセールが実施されたことがあったが、その時は20%オフだったため、今回は例年よりもお得になっている。「Affinity Photo」 については発売以来2度目の30%オフセールであるため、筆者が知る限り過去最安値で購入できることになる。

セールは11月27日まで。グラフィックアプリの購入を検討しているなら、まずは同アプリを使ってみてはどうだろうか。ちなみに、Mac版についてはトライアルも用意されているため、どんなアプリか知りたい場合はまずはそちらで確認を。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。