Adobe After Effects、マルチフレームレンダリングが最新ベータ版で進化。プレビューや書き出しが高速化

7月20日、アドビ株式会社は 「Adobe After Effects」 の最新パブリックベータ版を公開。新しいマルチフレームレンダリングにより、プレビューなどの動作が高速化したことを発表した。

プレビューやAdobe Media Encoderを使用した書き出しが高速化

「Adobe After Effects」 の最新パブリックベータ版では、マルチフレームレンダリングがコンポジションのプレビューやAdobe Media Encoderを使用した書き出しに対応。どちらも最大3倍の高速化を実現している。

また、Adobe Media Encoderがバックグラウンドでレンダリング中に、コンポジションの編集を継続することが可能になり、より効率的に作業できるようになった。

さらに、レンダーキューが刷新され、レンダリングの進捗状況といった重要な情報を表示するように。レンダリング完了時には、Creative Cloudのデスクトップおよびモバイルアプリ、またはEメールでの通知も可能だ。

これらのアップデートが行われた最新パブリックベータ版は本日から公開されている。利用したい方は、Creative Cloud デスクトップアプリケーションの 「ベータ版」 タブから 「After Effects」 のベータ版をインストールしていただきたい。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。