aibo、新サービス 「aiboのおまわりさん」 2月中旬から提供へ ソフトウェアAPI提供で開発も可能に

ソニーの犬型ペットロボット 「aibo」 に新機能が追加へ。1月23日にソニーは都内でaiboの新サービス発表イベントを実施し、2019年限定カラー「チョコ エディション」 を発売することを発表していたが、それと同時に新サービスとして「aiboのおまわりさん」を提供することを明らかにした。

aiboが自宅を見守る新機能 「aiboのおまわりさん」

「aiboのおまわりさん」 は、セキュリティとエンタテインメントを結合させた新しいサービス。サービス開始当初は、aiboが室内をパトロールし、結果をアプリにレポートする機能を無償で提供するというものになる。同機能は2月中旬に公開されるシステムソフトウェアver2.0で追加されるが、その後も機能拡張によってセキュリティ機能が拡充されていく予定となっている。

また、2019年6月から有料サービス 「aiboプレミアムプラン」 が提供予定で、aiboの撮影する写真の保存枚数制限の解除やオリジナルデザインによるフォトアルバムの提供などが予定されているという。

この「aiboのおまわりさん」の発表と合わせて、セキュリティ会社セコムとの提携も発表された。将来的な新機能・サービスの提供を目指すとし、今後の新しいホームセキュリティを構築していくことを明らかにしている。

ソフトウェアAPIが一般公開へ

aiboをより多様なシチュエーションで利用できるように、aiboのソフトウェアAPIが企業や団体、教育機関、個人に一般公開されることも明らかにされた。

第一弾として、2019年夏から、aiboの開発環境(Web API)を無償で提供する予定だ。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。