Apple、世界エイズデーを記念して今年も店舗ロゴを赤く 売上の一部も寄付

12月1日は 「世界エイズデー」。Appleはこの世界エイズデーに合わせて、Apple Storeの店舗ロゴを赤く染めてエイズ対策を支援する。

もはや毎年恒例となっている同行事だが、今年も同様のキャンペーンが実施されることが明らかになった。これは米CNETのインタビューに応じたGreg Joswiak氏が説明しており、今年も昨年と同様にApple Storeのロゴを赤くするイベントを実施するとのこと。

キャンペーン期間は2018年12月1日から12月7日までの1週間。対象店舗は世界各地にある400店以上で、120以上の店舗はAppleロゴが赤くなり、それ以外の店舗は赤い装飾が施されるという。ちなみに、昨年は「Apple 銀座」や「Apple 表参道」 のAppleロゴが赤くなっていた。

さらに、「Apple Pay」を利用してApple製品を購入した際、1ドルが世界エイズ・結核・マラリア対策基金に寄付されるキャンペーンも昨年と同様に実施するという。

また、まだ正式に発表はされていないが、例年通りであればApp Storeでも似たようなキャンペーンが実施され、アプリの売り上げの一部が同基金に寄付されるはずだ。

アフリカのエイズ(HIV)対策として2006年に誕生した(RED)は今年で設立11年目を迎え、これまで約5億ドルの資金を調達した。

設立から同取組みに参加してきたAppleは、同基金に対し総額1億6000万ドル以上を寄付してきた。PRODUCT(RED)と呼ばれる赤い製品をユーザーが購入するごとに、売り上げの一部が同基金に寄付される仕組み。今年の製品で言えば、「iPhone XR」には赤いモデルが存在するが、あれがPRODUCT(RED)モデルに該当する。

昨年の寄付金額は3,000万ドルと過去最大を記録している。これは母親から胎児へのHIV感染を予防するための薬品1億4,400万日に相当する額だった。

▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。