MacでAirPodsなどW1チップ搭載デバイスをスムーズに接続できる便利アプリ 「AirBuddy」 がリリース

Macで、AirPodsなどW1チップを搭載したオーディオデバイスを使っている人のために、とても便利なアプリケーションが開発された。

その名も 「AirBuddy」 。同アプリケーションは、iOSデバイスと同じようなポップアップ表示で、W1チップを搭載したBluetoothデバイスをスムーズに接続できるアプリケーションだ。

macOSでW1チップ搭載デバイスを快適に利用

これは9to5Macの記者であり、開発者でもあるGuilherme Rambo氏が開発したもの。アプリを起動し、AirPodsなどのデバイスの電源を入れると、ポップアップが表示され、あとはシングルクリックで接続できる。

このポップアップは、設定で接続ユーティリティの表示位置を変更できる仕組みで、画面左上、中央、右上から選ぶことができる。さらに、オプションとしてAirPodsだけ表示するオプションや、AirPods以外のW1チップを搭載したデバイスも表示でき、わずかながらカスタマイズすることが可能だ。

また、同アプリは通知センターとの連携も可能で、通信センター のウィジェットに各デバイスのバッテリー残量を表示させることができる。これもiOSデバイスと似たUIになっており、とても分かりやすい。

対応するデバイスはAirPodsのほかに、BeatsXやBeats Solo3、Powerbeats3などのW1チップを搭載しているオーディオ製品。また、Mac側の対応OSは 「macOS 10.14 Mojave」 が必要なほか、Bluetooth LEが搭載されたMacである必要がある。

同アプリの価格は最低5ドル。Gumroad経由で支払う必要があるため、クレジットカードもしくはPayPalアカウントが必要だ。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。

コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。