新型AirPodsは 「AirPods Pro」?現行機種のハイエンドモデルとして登場か。ノイズキャンセリング機能を搭載し価格は260ドル

2019年秋から2020年初めのどこかで発売すると噂されている新型AirPodsは、実は現行のAirPodsの上位モデルとして登場する予定なのかもしれない。

台湾メディア 「經濟日報」 は18日、新型AirPodsの名称や特徴など独自情報を伝えている。

新型AirPodsは上位モデル 「AirPods Pro」 として登場?

經濟日報によると、現在Appleが開発している新型AirPodsは現行機種の上位モデル 「AirPods Pro」 として販売される可能性があるという。発表は2019年10月末との情報だ。

そして新設計のインイヤーデザインを採用し、より高いリスニング体験を実現するためノイズキャンセリング機能も搭載予定。外の音をシャットアウトすることが可能とみられる。

さらに、発生した熱をより効率よく放熱するため、新しい金属デザインを採用するとのこと。ただし、この “新しい金属デザイン” が具体的にどのような設計を指しているのかは不明。

価格は260ドル (28,000円程度) になり、無印のAirPodsに比べて5,000円程度高くなることが予想される。製造・供給はInventecとLixunで行うとのこと。

新型AirPodsについては既に開発者向けに配信されている 「iOS 13 beta」 からヒントが見つかっており、AppleがAirPodsの新型モデルを開発しているのはほぼ確定とされている。早ければ今月末あたりに発表されることが予想されていたが、しかし各アナリスト・リーカーの発売予想は 「2019年秋から2020年はじめ」 と割と幅がある状態で、いつ発売するのかはまだ分かっていない。

とはいえ、噂の新型モデルが 「AirPods」 のハイエンドモデルとして登場するという話は実質的に今回が初めての情報となる。

この情報が本当なのかどうかは現時点では分からないが、Appleが 「AirPods (第2世代)」 を今年3月に発売したばかりであることを考えたら、今年に 「AirPods (第3世代)」 が登場するのはやや考えづらいため、ハイエンド型AirPodsが登場するという話の方が信憑性はあるとも考えられる。

ちなみに台湾メディアDigiTimesは、新型AirPodsは2019年10月から量産が開始されることを報じていた。2019年のホリデーシーズンまでに新型モデルが登場する可能性もまだ十分に残されている。果たして新型AirPodsはどんな存在なのか、世界中が注目している。

関連記事
新型AirPodsはカナル型、ノイズキャンセリング機能も搭載へ iOS 13.2 betaから痕跡見つかる
「AirPods(第3世代)」 は2019年末か2020年初めに発売か 著名アナリストMing-Chi Kuo氏が伝える
AirPods 第2世代 実機レビュー | 着実な性能向上も、本当に購入するべきか検証してみた

[ via MacRumors ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。