AirPods 2にブラックカラーモデルが登場か グリップ力向上の新コーティング、第1世代から値上げも

かねてから噂されている新型AirPods、2019年に入りまもなく発売するのではないかと期待されていたりもするが、この新型モデルは少なくとも今年中に投入され、大きな変貌を遂げるかもしれない。

新型AirPodはブラックモデルが登場、グリップ力向上のための新コーティングも

これまで多数のリーク情報を提供してきたMySmartPriceが 「独占情報」 と銘打って伝えた。同メディアによると、AirPodsは低音を高めるために内部に変更を加える予定だという。

また、デバイスにはユーザーの心拍数を測るためのセンサーが搭載されるほか、ユーザーがAirPodsを手に持った時に間違って地面に落とす心配を減らすため、グリップ力向上のための新コーティングを施す予定であるという。ちなみに、この新コーティングは今年秋発売の新型iPhone (iPhone XI?) にも施されるという話だ。

ColorWareによるAirPods塗装サービス

さらに見た目で一番大きな違いは、新カラーの投入だ。これまではホワイト一択のAirPodsだったが、新型モデルからはブラックモデルが投入されるとのこと。どんな色合いになるのかは不明だが、これまでのAppleのカラー戦略を考えると、おそらくiPhoneやApple Watchのブラックモデルに合わせた色合いになることが予想される。少なくともホワイトとブラックの2択になることで、ユーザーの選択肢の幅が広がることだろう。

しかし少し悲しいお知らせも。MySmartPriceによると、AirPodsは値上げが予定されているようだ。現行モデルは159ドルで販売されていたが、新型モデルは200ドル(約22,000円)前後となり、高価なイヤホンとなりそうだ。

ちなみに、内蔵のバッテリー容量は現行モデルと変わらないためバッテリー駆動時間も大きく変わることないことが予想されるが、AirPodsを充電するために使うバッテリーケースに関しては、ワイヤレス充電に対応させるためかバッテリー容量が減る可能性があるみたいだ。少なくとも今春に発売予定のAirPodsのワイヤレス充電対応バッテリーケースはバッテリー容量がわずかに減るとMySmartPriceは報じている。

新型AirPodsは2019年に発売するとの話。具体的な発売時期はまだ分かっていないというが、今回の情報はすべて信頼できる情報筋からのものであるとのことだ。

MySmartPriceの情報をまとめると、AirPods 2の特徴は以下の通り。

  • 低音の強化
  • 生体認証機能の追加
  • グリップ力向上のための新コーティング
  • ブラックモデルの投入
  • バッテリーケースの内蔵バッテリー容量はわずかに減少
  • 値上げ (159ドル→200ドル前後)

これまでAirPodsは、新型モデルが2種類用意されていると噂されてきた。この2種類というのは 「2019年モデル」 と 「2020年モデル」の2つで、前者はHey Siri機能やワイヤレス充電・防滴機能に対応するなどのマイナーアップデートモデルで、後者はデザインを一から見直されたメジャーアップデートモデルになるとの予想。

しかし、今回のMySmartPriceの情報によると、その ”メジャーアップデートモデル” は2019年に発売するとのこと。具体的な発売時期はまだ分かっていないという。これまでの情報と大きく異なっているため真偽のほどはまだ分からないが、これまで正確なリーク情報を多数提供してきた同メディアの言うことなので無視することはできないだろう。

果たして新型AirPodsはいつ、どんなモデルが登場するのか。今後の情報に期待したい。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。

コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。