「AirPods 2」は今年6月までに発売か ヘルスケア機能に対応との報道

Appleの完全ワイヤレスイヤホンの新型モデルについて新情報が到来。台湾メディアDigiTimesが、Appleは次期AirPodsこと 「AirPods 2」を、2019年前半つまり今年6月までに発売する予定であると報じた。

次期AirPodsが2019年前半に登場予定

DigiTimesによると、「AirPods 2」 はヘルスケア機能に対応するとのこと。AirPods内に新しいセンサーが搭載され、装着者の状態をモニタリングすることができるようになる可能性が高い。

また、DigiTimesは触れていないが、昨年の発表イベントの冒頭で流されたオープニングムービーでHey Siri機能の搭載が確認されており、ヘルスケア機能以外にも新機能が搭載される可能性がある。少なくとも、新型AirPodsの登場が近いのはほぼ確実だろう。

DigiTimesの言う 「2019年前半」 の中で、発売されるチャンスがあるのはおよそ2回。Appleは今年3月に新製品発表イベントを開始すると噂されていて、そこで新型iPadを発表するとみられている。また、例年通りであれば今年6月に開発者向けイベントWWDC 2019が開催され、その際にもいくつかの新製品を投入する可能性がある。この二つのイベントのどちらかで、AirPodsを含む新製品が投入される可能性は十分にありそうだ。

ちなみに、次期AirPodsと言えばワイヤレス充電に対応する予定であることがすでにAppleから告知されている。正確に言えば、ワイヤレス充電に対応したAirPodsの充電ケースが登場する予定だが、もし新型AirPodsが登場するのであれば、新型モデルに付属する充電ケースもワイヤレス充電に対応する可能性が高い。

ただし、このワイヤレス充電に対応したAirPodsは、Appleの純正ワイヤレス充電器 「AirPower」 と同時に登場するとの見方が強いが、DigiTimes曰く、AirPowerは2019年後半に登場するとの話。

発売が遅れているAirPowerは技術的問題が解決し、すでに生産が開始されていると報じられているが、それでも新型AirPodsとは別に発売するのだろうか。

ちなみに、他メディアはAirPowerは 「Appleが好きなタイミングでいつでも発売可能」 「発売はまもなく」 と伝えており、著名アナリストMing-Chi Kuo氏は、次期AirPodsは2019年第1四半期(1~3月)に発売予定であると伝えている。これらの情報を統合すると、新型AirPodsとAirPowerは2019年3月までに発売する可能性が高い?

また、もう一点気になることがある。それは、マイナーアップデートモデル版ではなく、設計から完全に見直された次世代型のAirPodsについて。Appleはすでに構想を持っているようで、前述の著名アナリストMing-Chi Kuo氏のレポートでは、次世代AirPodsは2020年に発売すると伝えられている。2019年と2020年の2年連続で、新型AirPodsが登場することになりそうだ。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。

コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。