Apple、AirPods(第2世代)にファームウェアアップデート(2D15)を配信開始

現地時間5月12日、Appleは完全ワイヤレスイヤホン 「AirPods(第2世代)」 に向けて最新ファームウェアアップデートの配信を開始した。バージョンは 「2D15」 となっている。

「AirPods(第2世代)」 向けにファームウェアアップデートが配信開始

今回のアップデートの変更点については言及されていないため詳細は不明だが、今月5日にAppleは上位モデル 「AirPods Pro」 に対して同じビルドナンバーのファームウェアアップデートを配信していることから、同様の変更が加えられている可能性が高い。

AirPodsのファームウェアはiPhoneやiPadとつなぐだけで自動的にアップデートされる仕組みなので、ユーザーみずからアップデートを行う必要はない。現在のバージョンを確認するには[設定]アプリの[一般]>[情報]>[XXX’s AirPods]に進むことで確認できる。ここに 「2D15」 という数字が書かれていたら、アップデートが完了していることになる。

ちなみに、Appleは昨年12月にAirPodsとAirPods Proに対してファームウェアアップデート 「2C54」 を配信していたが、のちに同ファームウェアアップデートの配信を取り下げていた。取り下げた理由については明かされていない。

関連記事
Apple、AirPods Pro向け最新ファームウェアアップデートを配信開始
AirPods Pro レビュー | 買い替えも検討するべき!プロの名に恥じぬノイズキャンセリング機能
AirPods 2 (第2世代) レビュー | 着実な性能向上も、本当に購入するべきか検証してみた

Apple公式サイトでAirPodsやワイヤレス充電対応ケースをチェック!
▶︎ AirPods Pro
▶︎ AirPods + ワイヤレス充電対応ケース
▶︎ AirPods + 通常充電ケース
▶︎ ワイヤレス充電対応ケース(単体)
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。