AirPods(第3世代)が2019年後半に登場??ノイズキャンセリング機能が搭載:台湾メディアが報じる

先月、Appleの完全ワイヤレスイヤホン 「AirPods」 に、新型機 「AirPods(第2世代)」 が登場したばかりだが、早くも次世代機 「第3世代」 の噂が登場。なんと、新型モデルは2019年後半に登場するとのこと。台湾メディアDigiTimesが報じた。

本当に 「AirPods 3」 が今年後半に登場する?ノイズキャンセリング機能搭載との噂

DigiTimesによると、AirPodsの新型モデル 「AirPods(第3世代)」 は2019年後半に登場するとのこと。同新型機には、以前から噂されていたが結局 「AirPods (第2世代)」 に搭載されることのなかったノイズキャンセリング機能が搭載され、製造はInventecとLuxshare Precisionが行うと報じている。

この報道が本当だとしたら、筆者個人的にはかなり驚きだ。新型モデルが登場してからわずか1カ月ほどしか経っていないが、そこからわずか半年後にさらなる新型モデルを投入するというのは、いくらサプライズが好きなAppleでも可能性がかなり低いことだ。

ましてやAirPodsのような、完全ワイヤレスイヤホンの世界シェアを大きく獲得できている人気機種ならば尚のこと。今回のDigiTimesの報道は信ぴょう性が疑わしいところだ。

ただし、Appleが 「AirPods(第3世代)」 の開発に着手している可能性はもちろんゼロではない。来年もしくは再来年に発売する新型モデルのために着々と準備を進めているだろうし、その新型モデルにノイズキャンセリング機能が搭載されていても不思議ではない。

次の新型AirPodsがいつ出るのかは不明だが、もしかするとノイズキャンセリングが目玉機能のひとつになるのかもしれない。


ちなみに、先月発売したAirPods(第2世代)は、新型チップ 「W1」 が搭載され、デバイスとのペアリングがスムーズになった。また、Hey Siriやワイヤレス充電に対応するなど、多数の進化がみられるなど、順当な進化を遂げた。

同製品のレビューは以下の記事から読むことができる。AirPodsの購入を検討している方はぜひご一読を。

関連記事
AirPods(第2世代/2019) 実機レビュー | 性能向上も購入するべきか検証してみた
AirPodsのワイヤレス充電対応ケースはまもなく登場 新型モデルの発売は2019年秋、黒モデルも同時期に 著名リーカーが伝える

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。