次期AirPodsはやはり2021年前半に発売?台湾メディア報じる

AirPodsシリーズの新型モデルは2021年前半に発売する可能性がある。現地時間8月31日、台湾メディアDigiTimesは、AppleはAirPodsの新型モデルを2021年前半に発売する計画であると伝えた。

AirPods(第3世代)は2021年前半に登場?

これまでDigiTimesは、AirPodsの新型モデルが2021年前半に発売すると伝えてきたが、今回改めてその情報を伝えたことで、その予想が変わっていないことを示している。

DigiTimesが伝えている新型AirPodsとは、2019年3月に発売した 「AirPods(第2世代)」 の後継モデル。“耳からうどん” と揶揄されたAirPodsの第3世代目にあたる製品となる予定。

「AirPods(第3世代)」 はデザインの変更が予想されており、上位モデルである 「AirPods Pro」 と同じデザインを採用しながら一部の機能を省いた廉価モデルとして販売される予定とされている。

この次期AirPodsの発売時期の予想は著名アナリストMing-Chi Kuo氏と同じ。その信ぴょう性はそれなりと考えて良さそうだ。

ちなみに、DigiTimesによるとAirPodsの生産はInventecが担当するというが、同会社の生産受注シェアは全体の20%に満たない可能性があるという。他のサプライヤー(おそらくLuxshareやGoertek)が残りの80%以上を生産する可能性がありそうだ。

関連記事
「AirPods Pro」 「AirPods」 比較|どっちが買い?ノイズキャンセリング機能や防水仕様、価格など比べてみた
次期AirPods Proは2021年後半、AirPods(第3世代)は2021年前半に発売か

[ via MacRumors ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。