「AirPods(第3世代)」 ワイヤレス充電非対応モデルが登場。対応版より1,000円お安く

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

現地時間9月7日、Appleは 「AirPods(第3世代)」 にLightning充電ケース付きモデルを追加し、販売を開始した。価格は26,800円(税込)。Apple公式サイトにて購入することが可能だ。

今回新たに発売した 「AirPods(第3世代)」 Lightning充電ケース付きモデルは、有線充電のみに対応した AirPods(第3世代) 。もともとはバッテリーケースがMagSafeによるワイヤレス充電に対応していたが、ワイヤレス充電機能を省くことで価格を下げて販売する。

通常のワイヤレス充電対応モデルは27,800円(税込)で販売されているのに対して、Lightning充電ケース付きモデルは1,000円やすい26,800円(税込)で購入できる。

「AirPods(第3世代)」 とは
「AirPods(第3世代)」 は、2019年3月に発売したAirPods(第2世代)の後継機。デザインがAirPods Proに近くなり、ステム(軸)の部分が短くなるなど見た目の変化があった。

イヤーチップは搭載されないが、AirPods Proとおなじく軸部分に感圧センサーが搭載されており、指でつまむことで音楽の再生・停止などのコントロールが可能。

機能面におけるAirPods Proとの主な違いは、ノイズキャンセリング機能、外部音取り込み機能が搭載されない点。そのほか空間オーディオ、アダプティブEQ、探すアプリなどには対応する。

バッテリー駆動時間はイヤホン単体で6時間。バッテリーケース込みでは最大30時間使用することが可能。

購入は以下から可能だ。

(画像:Apple)

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

(当サイトで使用している画像はいずれも各権利者に許諾を得て掲載しています。)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。