AirPods(第3世代)は2021年前半に製造開始。AirPods Proの新型モデルは2021年Q4〜2022年Q1に登場へ

早くて来月に発表されるという噂がある次期AirPodsこと 「AirPods (第3世代)」 について、TF International Securitiesの著名アナリストMing-Chi Kuo氏は来年の発売を予想していることがわかった。現地時間4月23日、Kuo氏は投資家向けレポートの中で、AppleはAirPods(第3世代)を2021年前半に発売する計画であることを伝えた。

AirPods(第3世代)は2021年前半に発売予定

Kuo氏によれば、AirPods(第3世代)はAirPods Proに搭載されているSiPを採用するものの、デザイン自体はAirPods(第2世代)のものを引き継ぐ予定であるとのこと。製造が2021年前半であるということは、当然ながら2020年に登場することはないだろう。

AirPods(第3世代)については、著名リーカーJon Prosser氏が早くて2020年5月にもAppleが同製品を発売すると伝えたばかり。彼はiPhone SE(第2世代)の発表日と名称を見事に言い当てた新鋭リーカーだが、AirPods(第3世代)の情報に関してはKuo氏と予想が大きく食い違う模様。

ちなみにAirPodsシリーズの次世代機については最大4モデルの存在が噂されている。まずは今回の情報にもあったAirPods(第2世代)の新型モデル、そしてAirPods Proのエントリーモデル(AirPods Pro Lite?)とAirPods Proの次世代モデル、そしてAppleの純正のヘッドホン 「AirPods X(仮称)」 だ。

AirPods Pro LiteについてはAirPods(第3世代)と同じものである可能性が報じられているが、一部のリーカーからもたらされている情報によればAirPods Pro LiteはAirPods Proのデザインを採用しているという情報。ここでもKuo氏の予測とは大きく食い違う。果たしてAirPodsの今後のラインナップはどのように変わっていくのか。今後の続報には要注目だ。

ちなみにKuo氏はAirPods Proの次世代モデルについて、2021年第4四半期もしくは2022年第1四半期に製造が開始される計画であることを伝えている。

関連記事
AirPods Pro Liteが2020年後半〜2021年に発売か ノイズキャンセル機能非搭載で価格を抑えた低価格モデルに
Appleの新型ヘッドホンはWWDC、AirPods Xは9/10月に発表か 将来的にはBeatsブランドの廃止も視野に?

[ via MacRumors ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。