AirPods Maxの低電力モードまとめ。5分放置で低電力モードに自動移行、72時間経過でBluetoothと探す機能をオフに

ついに日本で発売した、Apple初のオーバーイヤー型ヘッドホン 「AirPods Max」 。同製品はキャリングケースに収納することで低電力モードになることがApple公式から発表されていたが、それ以外の条件でも低電力モードになることがわかった。

現地時間18日、AppleはAirPods Maxに関するサポートドキュメントを更新。AirPods Maxの低電力モード、超低電力モードに関する情報を追加していたため、当記事で詳しくまとめてみた。AirPods Maxをお持ちの方はぜひ参考にしていただきたい。

AirPods Maxが低電力/超低電力モードになる詳しい条件が判明

Appleが公開したサポートドキュメントによれば、AirPods Maxは以下の条件で低電力モード、超低電力モードに移行するという。

キャリングケースの外でAirPods Maxを放置
①5分経過で低電力モードに移行
②72時間経過でBluetoothと探す機能がオフになり、さらなる“低電力モード”に

キャリングケースの中にAirPods Maxを収納
①収納と同時に低電力モードに移行
②18時間経過でBluetoothと探す機能がオフになり、超低電力モードに移行

やや複雑なので文章でも改めて解説するが、まずはキャリングケースから出した状態で放置した場合の話。

5分放置するとAirPods Maxは自動で低電力モードに移行するという。そして、そのままの状態で72時間経過すると今度はBluetoothと探す(Find My)機能をオフにした、通常よりも消費電力を少なくした低電力モードに移行するという。

次はキャリングケースに収納した状態の話。

これは当初Appleが発表していたとおりキャリングケースに入れるとAirPods Maxは自動で低電力モードに移行する。そしてキャリングケースに入れた状態で18時間経過すると今度はBluetoothと探す(Find My)機能をオフにした超低電力モードに移行するという。

バッテリーを長く持たせたいのであれば、当初のAppleのアナウンスどおりキャリングケースに収納するのが一番だが、もしキャリングケースに入れなくとも5分も経てば自動で低電力モードに移行するため、そこまでバッテリー残量に神経質になる必要はなさそうだ。

ちなみにAirPods Maxは、ノイズキャンセリング機能と外部音取り込みモード、もしくは空間オーディオ機能をオンにした状態で最大20時間の音楽再生が可能。またバッテリーがもし切れてしまっても5分間充電することで約1.5時間の再生が可能になる。

バッテリー残量が少なくなるとiPhoneやiPadに通知が届く。具体的にはバッテリー残量が20%、10%、5%になった時に通知が送られるという。また、バッテリー残量が10%になるとトーン音が1回、バッテリーがなくなってしまう直前にトーン音が2回鳴るという。

関連記事
【比較】AirPods MaxとSony WH-1000XM4、Bose NC700、Beats Studio3 Wireless、4種ヘッドホンを徹底比較。買うならどれ?

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。